keiaブログ
keiablog.exblog.jp
Top
2009年 06月 03日
■ 桃農家のお手伝いをしてきました。




先日、毎年桃をもらう親戚の農家へ、夫婦でお手伝いに行ってきました。


ご存じな方も多いかもしれませんが、果樹大国!山梨の特産品は『桃と葡萄』なのです。

県内にも多くの果樹農家があり、勝沼にはワイナリーも沢山あります。

県内の方には、さほど珍しい事ではありませんが

酒屋に一升瓶のワインが何本も売られていたりするんです・・・・これ、『ぶどう酒』と言うんですが

県外で山梨をよく知っている方などは、お土産として買っていく人も多いらしいです。

私も何度か買って飲んだこともありますが、小難しく値段ばかり高い外国産ワインよりも

気軽に飲めるし、味はそれを上回ると言っても過言では無いものばかりです。


一升瓶ワインばかりではなく、ハーフボトル、フルボトルでも、山梨県産ワインは美味しいものが多いですが、

とかくワインと言うと、お金持ちのバカな芸能人などがが講釈たれている姿をよく目にしますが

『灯台もと暗し!』

こんなに身近にワイン王国があり、美味しいワインが沢山ある山梨に気づかないのは

もったいない限りですね(-_-)



え?・・・・バックマージンはもらってませんが・・・・何か?(汗)






話がそれましたが・・・・。






そんな訳で、いつも毎年桃を頂く親戚の桃畑のお手伝いをしてきたわけです。

私の両親も農家を営んでおりますが、果樹農家では無く

実家のお手伝いも、たまにしかしない私は農家ド素人なのですが、

それでも色々と教わりながら、何とかお手伝いをしてきました。


実際何を手伝ったか?と言うと・・・・・『桃の袋かけ』なのですが、

これは果実の日焼け予防、害虫予防、着色向上、風などで傷がつかないようになどの理由があって

1つ1つの桃に袋を掛けていくらしいです。


これが大変な作業・・・・。

何しろ、木になっている桃の小さな実に全部袋をかけていくわけです。

木の大きさにもよりますが、1本の木で700~800袋ぐらい袋かけをします。







実だけを袋の中へ・・・








袋には針金が入っており、枝をまたぎ折りたたみ固定して完了!







ちなみに、桃の種類は『白鳳』でしたが

冬には木の剪定から始まり、この袋かけまでは何十工程の手間がかかってるらしいのです。

また、実が大きくなったら袋下部の茶色の袋を取り、いよいよ収穫・・・出荷となるわけです。


いつも美味しい桃を沢山頂くのですが、手伝ってみて初めて

その大変さや、手間がかかる行程が分かりました(-_-)


お手伝いしている最中にも、青いながら小さい桃の実からは

ほんのり甘い、良い香りがしてきて、大きくなるのが楽しみになりました♪


夏の暑い時期に、冷蔵庫で冷やした大きな桃を皮ごとかじりつくのって最高ですよね♪

贅沢な使い方として、桃の実を小さく切り潰して、ジンや焼酎などで割り

カクテルとして頂いても最高です!


お手伝いしたせいもあってか、今年の桃はいつもよりも更に美味しく感じるだろうなぁ・・・。

今から楽しみです♪



さて・・・。




帰ろ。






[PR]
by oreropa | 2009-06-03 18:32 | ブログ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keiablog.exblog.jp/tb/11675327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bth3013 at 2009-06-03 20:42
また訪問させていただきました。

今日はブログ訪問の旅をしております。

すごくこのブログが気に入りましたのでコメントさせていただきました。

また来ますね。


ぜひ良かったら、私のブログでお買い物してください.



ネットでお買い物ブログ

http://nettoshop.exblog.jp/

連絡先メールアドレス
shoppingitiban@nifmail.jp
Commented by oreropa at 2009-06-04 08:25
先程、ブログ拝見させて頂きました。
時々お邪魔させて頂きますので宜しくお願いします♪
------------------------------------------------------------------------------------------