keiaブログ
keiablog.exblog.jp
Top
2009年 06月 21日
■ カミキリムシを捕まえました♪









実家の庭で久々に『カミキリムシ』を見つけました。


どことなくあの ダースベイダー のような顔をしたカミキリムシ・・・。


捕まえたこのカミキリムシは ゴマダラカミキリ と言う種類なのですが

このゴマダラと、クワカマキリムシは、私が小さい頃

クワガタと並び、よく捕まえた昆虫なんです。


私が小学生の頃は、実家周辺でも養蚕が結構盛んで桑畑が沢山あったのですが

蚕の餌となる桑の葉を食い荒らす害虫のカミキリムシ・・・。


一時期はカミキリムシの被害に悩んだ農家を助けるため、害虫駆除の一環として

カミキリムシを農協で一匹あたり5円で引き取っていたなんて聞いたことがあります・・・。


残念ならが私が小学生の頃は、そのようなことはしていませんでしたが

5円で引き取りしていた当時の小学生などは、必死になって集めたんでしょう・・・。

結構良いおこづかいになりますもんね(笑)


そんな過去があるカミキリムシ・・・。


田舎の農家の方などカミキリムシのことを『5円虫』と言う人も少なくありません。



勿論、小学生の時の昆虫採集の主役と言えば

間違い無くクワガタや、カブトムシなのですが、こういったカミキリムシみたいな脇役でも

今になって捕まえてみると、それはそれで懐かしかったりします(-_-)


全ての小学生とは言えませんが、現代の小学生は

私が小学生の頃のように、夏になれば自転車で山に行き

クワガタやカブトムシを探したりして昆虫採集していたりするのでしょうか?


息子達を見ていても分かりますが、今の小学生は外で遊ぶ楽しさを

あまり知らないような気がしてなりません。


確かに、環境的にそう言った場所が少なくなっている現実もあるのでしょうが

百貨店の催し物で、木にネットが張られた中に放たれたカブトムシを

親子で喜んで捕まえている姿などをテレビで見たりする度に

何だかやるせない気持ちになったりします(-_-)


クワガタでもカブトムシでも、捕まえたとき、見つけたときの喜びって

自転車こいで苦労して山に行き、蚊に刺されたり、時にはハチに追いかけられたり

蛇に遭遇したり、気持ち悪い毛虫を見てしまったり・・・また

全然捕まえられなくて、凹んで帰ってきたりというプロセスがあったからこそ

捕まえたときの喜びがあるんだと思うんです。


くだらない事かもしれませんが、

自分だけのポイントや、ワナを仕掛けて捕まえたり・・・と

自分なりに工夫して、アレンジして遊ぶ楽しさを、息子達にも経験してもらいたいものですね(-_-)


釣りにしても、ちょっとした工夫で釣果に差が出る場合が多々ありますし

釣れなかったりした日があるからこそ、釣れたときの喜びが大きかったりするもんです


・・・。




私の場合、その苦労するプロセスが人一倍多いような気がするのですが(-_-;


普段の行いが悪いからでしょうか(汗)




まっ・・・。



そこらへんは、あまり気にしないことにします(-_-;



帰ろ。




[PR]
by oreropa | 2009-06-21 17:56 | ブログ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keiablog.exblog.jp/tb/11794730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

------------------------------------------------------------------------------------------