keiaブログ
keiablog.exblog.jp
Top
カテゴリ:ブログ( 793 )

2015年 06月 10日

あ・・・私、元気ですW

元気だけが取柄なんで(-_-)



更新もままならないまま一ヶ月が過ぎようとしています。

このブログの一番のファンであるのが、記事を書いている私というW


日記って、長続きしないもの代表みたいなところもありますが、

こんなに続くものなのですね・・・。


思い返してみれば、釣りのホームページを始めたのが2000年ごろだったか?

当時はバス釣りに夢中で、釣りに行っては釣行記を書いて、自分のログとしていたのですが

そのHPの中で日記を書き始めたのが2003年の12月18日・・・。


釣りに行ける機会もだんだん少なくなり、普段の愚痴を日記に書き綴っているうちに

色々なブログサービスが充実し、私のこのエキサイト様を利用して日記を書くようになり、

やがて釣行記も面倒で日記に書き続けるようになり、やがてブログがメインになり、HPは削除・・・現在に至ります。


日記も毎日書き綴らず、思いついた時にこうして書くことにより

今でも飽きずに続けていられるんじゃないかな・・・。


と言うことで、今回も自分への覚書と言うことで、色々残していこうと思います。


時期的に仕事は暇なのですが、新しい事業への準備と言うか、もう最終段階。

会社登記は終わり、書面上は株式会社が立ち上がりました。

仕事場の工事は7月から・・・。

私は現在取引している会社と、7月までには取引終了し、20年以上続けた自営業者から会社員へ。

役員として会社に入るわけですが、給料は初任給以下w

数年苦労すると思いますが、自分の思い描いた仕事環境の中で努力して何とかやって行こうと思っています。


長男は高校二年生、次男は小学六年生。

去年4月に実家をリフォームし帰ってきて、落ち着いて生活しております。

長男は相変わらず夢はパティシエらしく、就職する方向でいます。

次男は、以前住んでいた場所の小学校に通っているのですが、来年中学校を今住んでいる地元にするのか?

それとも小学校を共に過ごした仲間がそのまま進学する、少し遠い中学にするのかを決めかねているところです。


趣味の釣りの環境は相変わらず・・・思うように行けません(-_-)

月一の定例会も、行けるか行けないかと言う感じ。


そんな感じです。



特に去年引っ越してから、変わったことは無いのですが、

そう言えば、先日お婆ちゃんが亡くなりました。


私は元々おじいちゃん子で、お婆ちゃんはそんなに好きではありませんでしたが、

実家に帰り、家族の一員が亡くなるということは、寂しくないかと言えば寂しいですし、それ以上に色々大変なわけです。

身内や家族もですが、自分の身近な人が亡くなる度に思うのが、自分が死ぬまでの残された時間を大切に過ごそうと思うこと・・・。

私は今40歳代ですが、自分の人生を70歳ぐらいまでと仮定して過ごしています。

勿論、実際長生きするのか?そうでないのかはわかりませんが、

自分の人生のリミットを自分で決めてみると、そこまでの時間が物凄く貴重な時間と思えてくると私は思います。

こうしてブログを書いている時間も、死へのカウントダウンは過ぎているわけです。


皆さんは、あと何年で死んでしまうと思いますか?


そんなの知らねぇ!死んでしまったらどうでもいいことだろ?

なんて思うと思います、私も数年前までそうでした。


思わぬ大金を手にしたら、遊んで過ごそうと思いますか? それとも今までと変わらず過ごしますか?

何か大きな買い物をするでしょうか? 仕事を辞めて旅行でもするでしょうか?

恐らく、どれも正解、不正解は無いと思いますし、私自身そのような状況になったら、どう変わるのかはわかりません。


ですが、どんなに状況が変わろうとも自分の大切にしたいもの、時間があります。


それは家族で過ごす時間であったり、趣味の時間であったり・・・。

それに時間を費やすために、色々苦労しているのだと思います。

若くなければできない事、歳をとらなければできないこと、本当に色々あると思います。

自分の思い描く生活をしたいがため、今現在もがいて悩み、早く過ぎていく時間に焦り、現在暮らしています。

では、いつ正解が出るのか?納得いく生活ができるのかは、全くわかりません。

そうやって、探し回り生きていく事が人生と言うものなのかな?なんて最近思ったりもします。


こんなんで、ストレスが溜まってくると、ここに色々書き溜めるのですが

先ほど久々にスピニングリールを通販で買いました、週末は釣りに出かけてこようと思います。


楽しみ♪





ノシ





[PR]
2015年 05月 04日

皆さんGW楽しんでますか?

私は連休明け早々納品予定の仕事を済ませ、本日はようやくGWスタートですが

お婆ちゃんが危篤で、どこにも出かけられない状態 orz

そんなんで自宅でウダウダしています(-_-)


仕事もいよいよ形態が変わる月に来ているのですが、なかなか事が進まず不安になることもしばしば・・・

今の取引先も今月末で終了予定なのですが、ここにきて嫌になることばかり困っています。


先日も、あるブランドのパーツを制作する依頼がきました。

それは0.7mmの丸線で、内径縦4mm、横3mmのオーバルかんを作るというもの・・・。


事前に検品が厳しいとは聞いていたのですが、いかんせん制作過程の色々を知らな過ぎる無理な要求と

客先のブランドと、制作側をつなぐ取引先の問屋の無知な体制に嫌気がさしました orz


詳しく話しても分らないかもしれませんが、およそこの大きさのオーバルかんを制作する時に

芯金に丸線を巻き付け、バーナーでナマシた後、糸鋸で切り、つなぎ目のバリを磁気バレルで取り、つなぎ目をロー付し

やっとこでオーバルになるよう制作していきます。


取引先から頂いた指示書には、外径4.9mmで内径縦4mm、3mmのオーバルかんを作れと記載されています。

最初、私はその指示書通りに制作し納品しましたが、径が少し小さいとのことで作り直しになりました。

よくよく考えてみると、なぜ外径が4.9なのか・・・これは、芯金が3.5で、丸線を巻き付けた時に0.7+0.7で1.4mmを

単に足した答えが4.9でと言うもので、糸鋸で切った時のロスを全く考えていないのです。


最初に納品したオーバルは、それでもノギスで測ると、おおよそ4×3になっているので大丈夫かと思っていたのですが

取引先の言うに、デジタルノギスでコンマ二桁まで見るというのです。


コレは手作業では完全に無理な範囲 orz


商品にこだわるのはわかりますが、さすがにそこまでいくとイチャモンレベルです (-_-)

そこで取引先にその事を伝え、デジタルノギスの実寸値、コンマ二桁の予測値などのことを、説明しますが

その窓口になっているのが、パートの女性・・・勿論制作経験者ではありません、

その取引先にも、まともな職人レベルの人間がいないのも問題なのですが、私が制作したものを検品するのが

まともにノギスを使ったことが無い、パートの主婦なんですから話になりません (-_-;


もっと問題なのが、客先から仕事を委託される営業が、制作側に仕事を丸投げで

そのオーバルかんがどこのパーツになるのか、内径に関しても、どうして細かい数値まで求めるのかが理解できていないのです。


コンマ一桁、二桁目などは、測り方によっても変わりますし、同じものを十回測っても、違う数値が出てきます。

見た目で言うと、横にいくつかオーバルかんを並べ、どれが大き目で、どれが小さいか、どれが正確かは全くわかりません。


それに、納品段階で正確な径で納品したとしても、その後何工程かの仕上げ処理により、地金が減るので

外径は小さく、内径は大きくなるのです。


私に正確な径を求めるのは良いのですが、その後どのような処理をするのか?

その処理をすることにより、径がどうなるのかを全く分かっていない取引先のパートの主婦をあいてにするのに

ほとほと疲れてしまいました。


デジタルノギスは便利かもしれませんが、測る人によって変わってしまうもの

何度測ってもコンマ二桁目まで希望通りの径になるのは無理な話なのです。


二回目の納品でも、取引先では検品OKで、客先でいくつかのNGが出たらしく、NG分は再制作・・・

私としては再制作分も工賃は頂けるので、ありがたいのですが、仕事していて何だか楽しくありません。


これは珍しい話ではなく、特に有名ブランドの商品を制作する場合にはよくある話なのです。

こだわりのあるモノ作りは嫌いではありません、むしろ大歓迎ですし、仕事していて楽しいのですが

今回のような不条理なこだわりはわけがわかりません(-_-)


そのコンマいくつの径の違いで、最終的にそれを身につけるエンドユーザーが購入するかしないのかを決めるものなのか?

ブランドだけが満足して、それがお客様に伝わらないこだわりは、果たして本当のこだわりなのか?


どうなんでしょう?


むしろ言わせていただくなら、エンドユーザーの気持ちになって

求めているモノ作りに対する企画、発案、その上に制作側のこだわりがあって商品が作られるのがセオリーなのではないでしょうか?


ブランドだけが誰も知る由もない、どうでもいいこだわりに固執し

それを無意味だとわかっていながら、ブランド側に補足説明などがまともにできない営業とは名ばかりのルートセールスが

自社に帰り、私たちに仕事を出している・・・・・コレでは物事が上手く進まないのも納得です(-_-)


私の地元にある、有名なお菓子メーカーでは

有名な大学を出た新入社員を、まずお菓子を作る工場のラインに数年配属すると聞きました。

勿論地元のおばちゃんが大勢働く、お菓子作りのラインの末端です。


新卒者の中には、その扱いに不満を感じて退社していく者もいると聞きました、

そう・・・大学を出て就職をしたのに、スーツを着てデスクワークかと思えば、いきなりパートアルバイトのおばちゃん達と一緒に

衛生服を着て、一日中ケーキつくりですから、想い描いていた社会人の理想とは程遠いものでしょう。


ですが、やがてお菓子作りメーカーとして、営業に出たり、働く人を管理する日が来るのです。

そのお菓子がどのような過程で作られるのか、それを作る時に、どんなことに苦労するのか?

お菓子作りの最初から最後まで見て体験した者にとって、やがて営業や管理する立場になった時に

お菓子作りのラインにいた時の経験や知識が何よりも心強い後ろ盾になっているのです。


話がだいぶそれましたが・・・。


これが貴金属の世界では全くできていません。

ブランドの商品は、海外の工場で作られていると思っている人が沢山いるでしょう、

あの有名ブランドも、ニューヨークで作っていると思っていた人も少なくないはずですw

整備された工場で、何人もの従事者がいて作られていると思っていたら大間違いです

こんな田舎のオッサンが一生懸命作っているのですw


ブランドも問屋にデザインを投げた後、地金を使い問屋の工場でモノ作りをしているものと考えているんでしょう、

いえいえ実際は、その問屋の外注である私たちが、デスクに向かい制作し納品しているのです。


ブランドも問屋の営業も、商品を企画し、モノにして売って仕事になっているわけですから

制作する段階に興味を持ち、売っているのがどのように形作られているのかに理解を示してほしいものです。


また、そのことを理解し、自社の立派な工場に観光客を呼び込み、制作段階を見学させた後

商品を販売している会社もありますが、その会社も工場ではそれほどの生産力は無く

やはり外注に生産を委託しているのです。


貴金属の世界は落ち込んでいます、その原因がナゼなのかは誰も分りませんが

私が思うに、消費者側になって物事が考えられていないのが一番の原因なのではないかと思います。


逆にいうと、農業などは数年前とはだいぶ変わりましたね

何処の産地で、誰が作って、どんなこだわりでその農作物ができたのかが分かり、それを知った上で安心して買うことができる。


山梨の地場産業である貴金属も、衰退の一途をたどらず

もう少し何とかならないものかと…。


暇なのでそんなことを考えていました。




ノシ

[PR]
2015年 04月 12日

自分のblog忘れてましたw

本当にバタバタの生活は変わらず、五月の連休も休みなし決定な感じ(-_-)

田舎な地元によくあるボランティアでは大役を任命され、GW後から約二か月間、週三回活動しなければならず orz

釣りを含め、やりたい事、自分の時間が持てないなぁ・・・。


日曜の今日、やらなければならない仕事を午後からやることになっていたのですが

ヨメと子供達と約束していたお祭りに午前中だけ出かけてきたんです、武田信玄の命日に恵林寺で行われる『信玄公忌』


信玄公のお墓で手を合わせ、その後境内に並ぶ出店を色々見てまわるのですが

例年なら所狭しと並ぶ出店が、今年は少なくなって少し寂しさを感じました・・・。


それでも、ポカポカ陽気の中、桜が散ってピンクに染められた境内を歩き回り、いい気分転換になりました♪

午後から仕事の予定も、何だか仕事する気にならず、結局その後、塩山から勝沼に走り抜け

ガラスミュージアムに行ったり、葡萄パンを買ったりしてウロウロして遊んで帰ってきました。


やはり忙しい毎日でも、日曜ぐらい休まないとやっていられないですよね(-_-)



そんな週末でした、また明日から頑張ろ・・・。



ノシ

[PR]
2015年 01月 23日

明日は久々にボート釣りに出かけてきます!

どれぐらい久々か? このブログの過去記事で調べてみたのですが・・・。


・・・。



・・・・・・。


・・・・・・・・・!!!!



なんと、最後にボート釣りに行ったのは2010年7月7日!



マ・・・マジか(汗)



ちなみに、最後にデブ鯵を釣ったのは、2010年8月13日!



そう言えば、ここ数年の釣行は殆どnukkyさんの船にお世話になっていたんだなぁ…。



明日は原点回帰!



タミオさんのボートに乗せてもらい、一日マキコボシてこようと思っています。



また報告します。



ノシ

[PR]
2014年 12月 23日

2014年もまだ数日残っていますが、今年の年末も例年のごとく

「仕事」、「私生活」、「趣味」の三つでふり返ってみようと思います。


◆ 「仕事」 ◆

全般的には、今年の夏は仕事量が今までよりもかなり減り

その分、繁忙期にはブランドの注文が重なり、例年よりも忙しい年だったと思います。


本来であれば、新しくスタートさせるべき仕事の準備から本番の年となるのが今年だったのですが

今年も準備の年として一年過ぎてしまいました。

新しく始めるにあたり、場所や予算、その他にも色々な障害がありますし、

仕事を始めれば、楽な道ではないのは予想はしていますが

それでも一生懸命に取りかかれば、面白いことになるのはわかっているので

来年はそのスタートをきれるようにしたいと思います。


◆ 「私生活」 ◆

恐らく私生活こそ、一番変化のあった年だったと思います。

実家のリフォームを終えて、引っ越す直前に記録的な大雪!・・・・・・まいりました orz


引っ越してからは、ベットやテーブルなどの家具を買いそろえたりと出費もかさみ

いまだに玄関までの道と表札などができていませんし、リビングのカーテンも迷いに迷い

いまだにカーテンもかかっていませんw

まぁ、後は死ぬまでここで暮らすわけですから、ノンビリやっていこうと思ってます。


長男は高校生活が始まり、高校が少し遠いこともあってか

以前は太めだったのがすっかりスリムになり、高校生活も楽しいようで、それはそれで安心しています。

次男坊は小学校を転校せず、毎朝自宅からヨメが車で送り迎えをしていますが、

それで正解だったと思っています、やはり学校、通学よりも、沢山友達のいる環境が全てだと思います。

中学になれば自転車通学もできますし・・・地元の子供倶楽部活動にも来年早々参加予定ですし

引っ越し前に色々心配していた子供の環境も、うまく事が進んで良かったと安心しています。


◆ 「趣味」 ◆

本当に思うようにいかないのがコレw

振り返ればボート釣りは一度も出かけてない orz 

殆どの釣行がnukky号定例会、沖釣りでした。

数少ない釣行ですが、本当に楽しい時間が過ごせたのは仲間のおかげだと思っています。

歳を重ねるにつれ、性欲は減退するものの、食欲と釣り欲は衰えをみせないのは

まだ若い証拠なのでしょうか? w

来年はもっと貪欲に釣りに出かけて、思い出深い一年にしたいと思います。



こんなところでしょうか・・・。


今年も色々あった年でしたが、総括すると良い年だったのかな?

あの記録的な大雪も、新居に引っ越した時と重なり一生忘れない年になりましたしw

来年は来年で、どうなるかわかりませんが

家族、仲間が笑顔で過ごせるような一年にしたいと思います。



ノシ



[PR]
2014年 12月 17日

赤霧島飲みながらブログ編集しています(-_-;

先日スマホで自分の思い出を見直していた時、画像が表示されない記事が沢山あるのが気になり

yahooBOXとOneDriveのフォルダを見ながらアップロードしなおしていますが・・・めんどくせぇ orz


本来ならエキサイトのブログフォルダに画像を入れてしまえば良いのですが

少なからず他社レンタルブログで無料なのが、エキサイトブログでは容量を超えると料金がかかるのが気になり

フリースペースなどのサーバーにアップロードしながら、リンクを貼っていたのですが

画像があっちこっちに散らばっていて、まとめながら結局エキサイトのフォルダにアップして修正しています(-_-;


今夜は2010年の九州旅行と、その少し前の記事を修正しました。


これ全部修正するとなると大変だ orz


もう寝ます



ノシ

[PR]
2014年 12月 14日

ブランドのクリスマス受注もおおよそ終わり、

本来であれば落ち着いてくる時期なのですが、何だか次から次へ仕事が入ってきて

結局今週末も仕事していました(-_-)


これから年末にかけて、大掃除、年賀状など色々やらなければならないこと満載ですな orz


4月に実家に引っ越してから、色々な住所変更や

「引っ越しました!」的なハガキを出していなかったこともあり

数週間前に郵便局で転送手続きをしてきたんです。


先日、あるハガキが届いたのですが・・・



「あなたの免許は失効しています」と、書かれています。



最初は何のことかと思いましたが、よく考えたら運転免許の更新を

うっかり忘れていたんです(汗


10月7日に失効し、約二か月もの間、実質無免許運転していたんですね・・・・・あぶねっw


そんなんで一昨日、免許センターに行き無事更新してきました。

去年一時停止で切符を切られていたので、退屈な二時間講習を聞き、ようやく新しい免許を手にしてきました。


普段の生活に追われ、自分の免許証なんてまじまじ確認なんてしていないですから、

ハガキが届かなければ、忘れてしまいますよね。


あなたの免許・・・期限大丈夫ですか?




ノシ



[PR]
2014年 12月 10日

今日、いつものように取引先の会社の受付に向かうと

二人の初老らしきコンサルタントの方が業務内容の説明を受けていました。


コンサルタントの依頼内容として、その会社の業務内容のスピード向上を求められているようでした。

受注から生産、納品までのスピード向上。

いかに受注から材料を揃えて製品にし、納品するまでの期間短縮!


初老のコンサルタント二人は、取引先の社員の話を熱心に聞き、少しでもスピード向上の為に熱心に聞き入っているようでしたが

私にしてみれば、根本的な問題に直面していないと思えてなりません。


私たちはその取引先から生産を依頼され、材料を渡され製品化し

納める仕事をしているのですが、その外注先自体の高齢化などによる生産力低下が深刻化しているのです。

いわゆる「職人」として、特殊で繊細で細かい仕事をしている方々の高年齢化、

後継者不足の問題が何一つ改善されていないのが現状なのです。


取引先でも、物流のスピードアップができるのはとても良いことだと思いますが、そのモノ自体が不足していれば

スピードが向上しても無意味なことだと思います。


問屋の利益確保優先主義による、外注工賃低下・・・

仕方ないかと思われがちですが、巡り巡って、そのツケは問屋にまわっってくるものだと思います。


モノがあってはじめて物流ですよね?


恐らく、どんなに優秀なコンサルタントに依頼しても、その取引先の問題は改善されることなないと思います。


そんな当たり前のことが、わからない一流企業が沢山いるのです。

政治家による政策もしかり、企業が儲かっても社員の給料に還元されければ景気はよくなりませんよね?


そんなことを思った火曜の午後でした。



ノシ

[PR]
2014年 12月 06日

ここ数か月、ニート生活でした(-_-;

仕事柄毎年この時期は、缶詰状態なのです・・・わかってはいますが、ストレスたまりますわ orz


そんなんで、仕事ばっかな毎日でネタ的なこともないのですが

ストレスのせいか、色々考えることはあるものでして・・・。


今日は21時頃、仕事を切り上げようと思っていたら、20時頃に実家の母が焦ったように仕事場に入ってきました。

話を聞くと、母の友人の旦那さんが先ほど倒れて心肺停止の状態で病院に搬送されたと・・・。


その後、母を車で友人宅に連れて行ったり、なんだかんだあったりして

今は自宅に帰ってきましたが、どうやら旦那さんは亡くなられたようです。


私も毎日仕事に追われて、自分の理想に描く時間の過ごし方をしていない毎日なのですが、

こんな毎日がいつまで続いて、いつから自分の思うような毎日が過ごせるようになるのかは全く想像がつきません。

でもせめて、何歳で死をむかえようが、悔いがない状態で逝きたいものですね(-_-)


私は人生70歳まで生きると仮定しているんですが、もう折り返し地点をだいぶ過ぎた現在

今現時点で死んでしまったら後悔だらけだろうなぁと。


家族にしても、趣味にしても、仕事にしても、何一つとして「もう十分」と満足できる結果みたいなものが残せてないのかなぁと。



皆さんはどうなのでしょう?



全てにおいて充実している人がいたとしても、自分の死と言うことを考えた時に

ある年齢まで年老いていれば、すんなり受け止めれるような状態になるのでしょうか?


若ければそんなことは気にもしないと思うのですが、40を過ぎ

しなければならない事、守らなければならない事が多くなるにつれ、色々考えさせられる事はありますね。


歳をとれば、自由な時間ができて、余暇を楽しめる生活がおくれるとは思ってませんし、

若くなければできない楽しみ方もあると思いますし、理想の老後を過ごしたいとも思いますし・・・。


それに向け、今現在過ごしている日々が正解なのかはわかりませんし

いつ自分に死ぬ時が来るのかは勿論わかりません。


こんな事を考えるのは、歳をとった証拠なのか?それともストレスか?


湯船につかりながら、色々考えたのですが

結果、日々の生活を大切に全力で過ごし、後はなるようにしかならないんじゃないかと言うのが結論でした。


釣りに行けなくて「釣り運」を貯めているのと同時に、

こんなことを考えるのは、ストレスも貯まっているんだろうな(-_-)


ノシ



[PR]
2014年 09月 16日


人は何をもって幸せと感じるか・・・。


このおじさんの人生哲学って、何故か共感できる(-_-)


[PR]
------------------------------------------------------------------------------------------