keiaブログ
keiablog.exblog.jp
Top
カテゴリ:旅行( 8 )

2016年 05月 22日

5月13~16日まで仲間9人で北海道に遊びに行ってきました。

山梨を深夜3時頃出発し、羽田へ・・・・・・中央環状線C2が開通したおかげで
ナビ予測よりも20分早く空港に到着。

千歳空港に到着したのが朝8時頃・・・早速チャーターしていたバスに乗り込みます!

c0020984_12384130.jpg












四年前にもお世話になった河西観光さん、社長さんの人柄が最高です。

快適なバスの旅スタート!

空港近くのコンビニに向かいアルコールやらドリンク、つまみなどを大量に買い込みますw

余談ですが、途中空港に日の丸のジェット機を見かけました・・・政府専用機だそうです、格納庫は千歳にあるんですね。


最初の目的地はマルトマ食堂!


マルトマ食堂
http://marutoma-shokudo.com/


まずは腹ごしらえです。
c0020984_12464430.jpg












c0020984_12470064.jpg













c0020984_12470973.jpg












苫小牧卸売市場内にある小さな食堂なのですが、さすがに有名店で

お客さんがひっきりなしに訪れます。

ホッキ貝が有名で、四年前に訪れた時もホッキ貝カレーと、うに丼を頂いたのですが

今回も同じく、塩水うに丼(¥2200)を注文し、ホッキ貝カレーを仲間と一緒に食べました。

やっぱりウニは新鮮で甘い!

カレーもホッキ貝がゴロゴロ入っていますw

他の仲間は海鮮丼や、うに丼をたべていましたが、どれも新鮮で人気店なのがわかりますね♪


腹ごしらえができたところで、今度は登別温泉に向かいます。
c0020984_13005570.jpg













地獄谷を一望できる、圧巻の大浴場!

私40数年生きてきて、ここまでデカい温泉施設に入ったのはコレが初めてでした。

日帰り温泉料金2000円とチョッと高めかもしれませんが、登別温泉に訪れた際には是非お勧めです。

温泉内にドリンクを提供してくれるところがあり、温泉に入りながら一杯!なんてことも可能なようですが、

当日は時間外なようで閉っていました。


その後、登別のメインストリートの極楽通りを歩きながら、閻魔大王前で写真を撮ったりと

かるく散策の後、バスに乗り込み宿泊先のホテルに移動します。


c0020984_14544097.jpg













一日目夕食は、深夜まで飲み歩く事を考慮して早めに店に行きました。

ふくろう亭 本店
http://www5.plala.or.jp/fukuroutei/

c0020984_14554556.jpg















c0020984_14552925.jpg













北海道と言えばジンギスカン!

ふくろう亭は地元で愛されている店と聞いた通り、早い時間から地元民であろう家族連れや

サラリーマンなどが続々入店してきます。

生ラム、ラムタン、ソーセージと一通りのメニューを食べてみますが、コレが美味い!!!

モッコリした鉄板の上にもやしを敷き詰めて、その上にお肉を乗せて食べるイメージだったのですが

このお店の食べ方は画像の通り、もやしやキャベツは下にして上部鉄板部分でお肉を焼くそうです。

まぁビールがすすむこと(^^)堪能しました♪

その後、全員で二軒目に行き、その後それぞれ数人に分かれて飲みに行ったりして

深夜になり私は仲間数人とラーメンを食べに行きました♪
c0020984_15082894.jpg













北海道と言えば味噌ラーメンと言うことで、前回は一風堂の道向かいの「そら」に行きましたが、

今回は「すみれ」に行ってみました・・・有名店ですね、私は初すみれでした。

ザ!味噌!と言う感じ、脂がスープ表面に浮いていて、何時まで経ってもスープが冷めません。

でもそれほど脂っぽい訳でもなく、パンチのある味噌の味を堪能できます。

私は麺が硬いのが好きなので、一番硬いのでオーダーしたのですが、

最後まで麺がふやける事もなく、美味しくいただけました♪

コレで一日目が終了。




二日目は・・・。


ニッカウヰスキー北海道工場 余市蒸留所
http://www.nikka.com/distilleries/yoichi/

c0020984_15243769.jpg












c0020984_15251303.jpg














c0020984_15255037.jpg













c0020984_15294718.jpg






























普段でもニッカウィスキーは好きで、ニッカブランデーX・O白を愛飲しているのですが

工場でどのように生産されているのか・・・。

またその歴史などを知った上で頂くのは、一味違ってくるものですね。

とても勉強になったし、また一段とニッカが好きになりました♪


私は見たことが無かったのですが、NHKで「マッサン」というドラマが放送されてから

見学者が年間25万人から90万人に増えたそうです。

ニッカウィスキーの創業者、竹鶴政孝と、その妻リタの物語らしいのですが

この余市蒸留所にもミュージアムがあり、竹鶴政孝がウィスキーに人生をかけた様子が見られます。


見学が終わると、お楽しみの試飲です♪
c0020984_15460199.jpg













ニッカ会館二階にある広いバーで、スーパーニッカ、余市、アップルワインの三種類の試飲ができます。

どれも美味しいのですが、普段飲まないアップルワインは炭酸水などで割ると美味しく感じました♪

その後、お土産に工場限定ウィスキーやブランデーなどを買い込み、余市工場を後にしました。


余市工場からバスで移動し、昼食はお楽しみの

青塚食堂
http://www2.odn.ne.jp/aotuka/
c0020984_15594390.jpg












c0020984_16000675.jpg












c0020984_16003461.jpg












c0020984_16030502.jpg












うに丼・・・時価。

ビビりながら店員さんにお値段を聞いてみたら、4680円だったかな?

でもここまで来たら、食べるしかないでしょ!って事で注文。

やっぱり美味い♪

ニシン御殿すぐ下の民宿食堂と言うこともあり、店先では炭焼きニシンが焼かれていて香ばしい香りに食欲がそそられます。

うに丼と一緒に焼きニシンも食べたのですが、コレも美味かったなぁ。

青塚食堂は四年前も訪れたのですが、やはり生物は鮮度、味ともに最高です、ここは外せない場所ですが

昨今の外国人観光客の増加の影響か?価格を高めに設定してあるような噂も聞きました。


余談ですが、バスのドライバーさんなどは、ドライバー専用の席があるらしく裏メニューも存在するそうです。

私たちを乗せてくれているドライバーさんは、ニシンを蒲焼にして、それを更に油で揚げた

ニシン丼みたいなものを食べたそうです。

そのニシン丼も食べてみたいですが、一般客には出してくれるのかしら・・・。


青塚食堂を後にし、今度は小樽に行ってみます。
c0020984_16155334.jpg













小樽運河、画像は皆さんがよく写真を撮影する橋の上ですが、この橋「あさくさばしがいえん」って名前なんですね

札幌小樽なのに、あさくさばしって・・・初めて知りました。


少し歩いてお土産物をみたりブラブラと散策して、札幌にもどり夕食。

夕食は四年前も訪れた



七福神商店 狸小路本店
http://shichifuku-tanuki-sapporo.com/

c0020984_16404331.jpg













c0020984_16394205.jpg













タラバに毛ガニ、ボタンエビ、ホタテ・・・北海道の海の幸を炉端焼きで堪能します♪

ちなみにこれだけ贅沢に頂いて、アルコール代込でも一人6000円までいかないのですからビックリ!

夕食後は一旦解散し、それぞれ個人行動をとったり、数人で別の店に移動したりと自由時間を楽しみます。

私も仲間数人と散々飲み倒し、また深夜に仲間数人と合流してラーメンへ!


えびそば 一幻 本店
http://www.ebisoba.com/shop-honten.htm
c0020984_16475399.jpg

























c0020984_16482350.jpg














私が食べたのは「えびしお ほどほど」太麺 大盛り。

エビの香りが凄い!

スープを飲む・・・麺をすする・・・その度にエビの香りと味が最後まで堪能できます!

ちなみにストレートの「そのまま」のスープも少しだけ頂きましたが、こちらは更にえび風味が強い感じ、

想像ですが、ストレートのそのままは細麺が合うかな。

有名店と言うこともあり、一幻についたのは深夜12時過ぎていたのですが、店の外まで行列ができていて

結局ラーメンを食べ終えて、店に出てくるときには1時を過ぎていました。


二日目はこれで終了。


最終日三日目は、朝から場外市場へ


c0020984_16582728.jpg













最終日はお土産を買います!

ホテルの朝食をキャンセルして、オカダの二階で食べたのはイクラウニ丼

c0020984_16590283.jpg













北海道に来て、一日一回は必ずウニを食べていますw

恐らく、私が北海道に移住したら必ず痛風になっていることでしょう(^^;


腹ごしらえの後は、お土産にホタテ、ホッケ、ズワイガニ、毛ガニなどを買い宅急便で送ってしまいます。

お菓子も北海道限定のじゃがぼっくる、白いブラックサンダー、白いアポロ、白いきのこの山などを買いました。

長男坊にはKUMAのTシャツ、次男坊にはオルゴール・・・。

ウニが大好物なヨメには塩水ウニを買いました。


一通りお土産物を買って安心した後は、札幌市内観光。

c0020984_17073676.jpg













c0020984_17081536.jpg












c0020984_17085980.jpg













時計台、札幌道庁、札幌ドームなどは車窓から、

札幌テレビ塔は展望台まで上がってみましたが、この日は風が強く展望台が結構揺れていました。

たまたまイベント日に当たったらしく、テレビ塔下のイベント会場では多くの方がジンギスカンを食べていて

小さいステージでアイドルが歌ってました。


クラーク博士の像には初めて行きましたが、ここは一回来ればいいかな(^^;

もっと高原みたいなところに銅像があるのかと想像していましたが、すぐ後ろに札幌ドームが見えるように

意外と札幌市内に近いところだったんですね・・・。


昼食は特に何の予定も無かったのですが、バスの運転手に手配してもらいカレースープ屋さんに行きました。

天竺 札幌清田本店
http://www.tenjiku.server-shared.com/
c0020984_17153749.jpg











c0020984_17161469.jpg











北海道マハラジャカレーに大エビトッピングしてみました。

スープカレーって流行りもので、北海道でもそんなに食べられていないイメージだったのですが

こう言うチェーン店が何店舗もあって、地元の方には馴染み深い食べ物なんですね・・・。

普通のルーカレーよりも、野菜それぞれの味がわかりやすいし、煮込んであるチキンが柔らかくて美味しかった♪


楽しい時間は早いもので、もう空港に向かわなければなりません・・・。

空港でバスの運転手に別れを告げ、空港内でロイズのチョコレート、ルタオのチーズケーキなどを買い

まだ時間が余ったので、カウンターバーで一杯

c0020984_17272916.jpg











北海道で最後のアルコールは何も関係ない知多とオールドクロウでした。

飛行機に乗り込み、ウトウトしている間に羽田に到着!

高速に乗って山梨に着いたのは23時を過ぎていました・・・。


二年毎に仲間とこのような旅行をしているのですが、本当に楽しかった♪

二年後はどこに行こうかな・・・・。



ノシ

[PR]
2016年 05月 07日

家族で伊良湖に出かけてきました。

伊良湖はもう何回も遊びに行っているのですが、思い起こせば前回は2010年・・・時が経つのは早いですね(-_-)


山梨を3日の朝6時に出発し、第二東名を順調に走り愛知へ・・・。

いつも立ち寄る釣具屋でキス釣りの為のイソメを買ったり、喫茶店巡りをしながら伊良湖を目指します。

まずは喫茶店一軒目、ここは何度か立ち寄ったことがある

『阿蘭陀屋』
住所: 〒441-3302 愛知県豊橋市杉山町向山下134






大きな風車が目印、画像二枚目はブレンドコーヒーのモーニングセット(¥380)

雰囲気のある店内に入ると、朝10時頃なのに店は地元の方でほぼ満席状態

雑談する方も、一人で新聞や雑誌を読む方も、農作業の途中のコーヒータイムな方も・・・それぞれ時間を楽しんでいる感じです。


この阿蘭陀屋も、これで来店二度目か?三度目だったか?

愛知県に遊びに来ると、必ず喫茶店を何店か巡るのですが、この阿蘭陀屋のコーヒーは一番美味しいかもしれません。

店の入り口にある古びた戸棚は何なのか以前から気になっていたのですが、今回店主に聞いてみると

店のコーヒーチケットを常連さんの名前別に保管しておく場所だそうです。

よく見ると、チケットにはコーヒーカップの絵が描いてあり、常連さんはチケットを購入し店に預けておけば

お財布無しで店に来てもコーヒーが飲めるシステムになっているらしいです。

こんなところを見ても、地元の方々に愛されているコーヒーショップなのが分かりますね・・・。


朝食を食べたところで、また伊良湖を目指し走りますが、ちょっとしたハプニングがありましたw

セレナの後ろには海で遊んだ後に足や手を洗うための水を積んでいるのですが、それが漏れて着替えが水浸しに(-_-;

コインランドリーに立ち寄り、近くのショッピングセンターをウロウロしたりします。

家族旅行であちこち行くのですが、必ずと言っていいほど地元のスーパーの食料品売り場などに行くんです、

魚の呼び名が違ったり、普段目にしないものがあったりと、意外な発見があって楽しいんです(^^)

三十分程寄り道をして、再び出発!


まずは釣り・・・の前に腹ごしらえ♪


ここも何回も通っている喫茶店ピア

『喫茶ピア』

田原市池尻町精進川44-1




何年か前に、田原市で行っている「どんぶり街道スタンプラリー」の地図を見て立ち寄ったのが、この喫茶ピア

とろとろ味噌カツ丼の美味さにハマってしまい、数年前には日帰りで食べに来たほどファンなのですw




勿論食べたのは、とろとろ味噌カツ丼♪

山梨の煮カツ丼も良いですが、この味噌カツ丼もまた格別です!

甘めの味噌がよく絡んだカツの下、ごはんの上に擦った山芋がかけてあり、これがまた何とも言えません♪

腹ごしらえができたところで、ようやく海へ・・・。











海辺を歩いたり、日出の石門をウロウロしたり・・・。

暫くして、今度は渥美半島の内湾側、いつもの釣りポイントに向かいます。





私はキス釣りに興じます、ヨメと息子たちは貝拾いをしたりと海辺散策。

十数年前に初めてここでキス釣りをした時は、キスはおろかカレイも入れ食いと良い思いをしたのですが

それから訪れるたびにトライしても、全く釣れないんです。

前回も地元の方とお話ししたのですが、台風の影響とかなんとか・・・あまり釣れないらしいですね(-_-)

この日も結局釣れたのはヒトデが二匹www

ヒトデを釣ったのは初めて、ちゃんと針掛かりするんですね(^^;


息子達はカニを捕まえてみたり、マツバガイを取ってみたり、ヨメはアメフラシをイジメてみたりと

それぞれの海を楽しんでいるようでした♪


少し遅れてお馴染みの民宿に到着!

『民宿磯路』
住所: 〒441-3622 愛知県田原市和地町新切95


いつもGWながら私たち家族を含めて二組ほどの宿泊客で、ノンビリな感じなのですが

今年は三重の伊勢志摩サミットの影響か、観光客が渥美半島に流れてきたみたいで宿泊した場所もほぼ満室。

民宿なので、設備やアメニティーは決して良いとは言えませんが

胸を張って良いと言えるのは食事!



漁業は勿論、畜産も農業も盛んな渥美半島は美味しいものが沢山あります。

クロダイのお造りと伊勢海老、アサリのヌタ、煮魚、豚スキと大満足の夕食でした♪


部屋に戻って、またビールで乾杯のところが

疲れもあってか、気が付けばビール片手に寝ていましたw

心配していた天気も、日が暮れてから結構な雨が降り、二日目朝には止んで朝から快晴・・・ツイてます♪

そしてまた海へ・・・。















旅行と言っても時間に追われて観光したりもしない、ただ海を見て、思うがままに時間を過ごすのが

最高の贅沢なのです。

ちなみに二日目も釣りしたのですが、釣れたのはヒトデだけでしたw


片づけを済ませ、海からほど近い、以前から気になっていた喫茶店に立ち寄ってみました。

『西山あるる』
住所: 〒441-3619 愛知県田原市西山町西ノ山153−1









店入り口右側にあるブーゲンビリアが綺麗で印象的、店内に入っても雰囲気がイイ感じ

やはりここも地元の方が沢山いらしていましたが、ブーゲンビリアに近い席から埋まっている感じでした。


暫くしてクリスタルポルト方面へ、お土産物を買いに向かいます。

いつも利用している『萬八屋』に到着。







地元名産の大アサリに生牡蠣


いよいよ家族旅行も終盤、伊良湖を後にして、道の駅「田原めっくんはうす」でメロンやオレンジを買ったりしながら

第二東名に乗り、さほど渋滞もせず、山梨に日が暮れたころ到着しました。


今回もとても楽しい家族旅行となりましたが、来年は違う地に新規開拓旅行も良いかなと・・・。

それと、今回は長男が食事をご馳走してくれたりと、少しだけ息子たちの成長を少しだけ垣間見たというか

自分が歳をとったのを感じたと言うか・・・。

いつか息子達が旅のプランを立て運転して、私とヨメを連れてってくれるような家族旅行ができる日も

そんなに遠くない未来なんじゃないか・・・なんて思いました。



ノシ



[PR]
2014年 06月 22日



次男坊と、スカイツリー、浅草寺に遊びに行ってきました。

高い所が大好きで、先日も福岡タワーに上ったばかりの私・・・。

スカイツリーも世界一高い電波塔ということもあって、かなりワクワクしていました。

c0020984_23142246.jpg

















スカイツリーは地上350mの部分に「展望デッキ」

更に100m上、地上450mに「展望回廊」があり、展望デッキ部分でチケットを買って展望回廊向かいます。


展望デッキでも、その高さは十分感じれるのですが

展望回廊は高過ぎて、高さの恐怖というよりも、何だか地図を見ている感じで

逆にスリルを感じなかったような感じ・・・・・・それぐらい高いんでしょうねw


次男坊とあっちこっち歩き回り、高所から見る風景を楽しみ、写真を撮ってきました♪

その後は5階まで降りて、土産物を買ったりしてスカイツリーは終了!


銀座で昼食を食べた後、今度は浅草寺に向かいます。

webである程度、色々調べて行ったのですが、想像通りの人混み orz

各地からの観光客はもちろん、外国人の方も沢山いて、すごい賑わいでした。


c0020984_00103245.jpg








腹が減って、ご機嫌斜めな次男坊w






初めて見る雷門の提灯のデカさに感動し、仲見世を通りあれやこれやを見てまわります♪

昼食後だったのですが、揚げまんじゅうを買い、土産に人形焼も買います(^^)

次男坊は玩具が置いてある店に引っ掛かり、色々買っていました。


忘れてはいけないお参りw

線香の煙を浴びた後、賽銭を投げて家族の健康を願い、引いたおみくじが・・・

c0020984_00082007.jpg



















凶って(汗)


ある意味強運らしいのですが、あんまりいい気分ではありませんw

ちなみに次男坊は大吉。

凶のおみくじは、おみくじを縛る場所にキツく縛ってきましたw


なんだかんだで山梨には夕方早々に帰ってきたのですが、とても楽しいプチ旅行となりました。

スカイツリーに浅草寺、少し移動すれば秋葉原や築地などもあり、外国人観光客に人気なのは納得できますね。


今回は次男坊と二人でしたが、次回は家族全員で再度出かけてみたいと思いました。

河童橋道具街なんかも、ゆっくり見てみたいな・・・。

狭い日本に住んでいるのに、まだまだ知らない場所、面白い場所っていっぱいありますね(-_-)

田舎者な私は、東京と言うとゴチャゴチャしていて出かけるのも敬遠しがちなのですが

これからも積極的に出かけたいと思いました。


ノシ



[PR]
2014年 05月 28日

5月24~27日の三日間、友人数人と長崎、福岡と旅行してきました。

24日の深夜3時に山梨を出発!羽田から長崎へ。

電車を乗り継いで長崎港に到着。ガイドでお世話になったのは...

『軍艦島コンシェルジュ』

港を望む事務所で、手荷物を預けます。
c0020984_00035958.jpg















右手奥にはイージス艦が見えます、日本にあるイージス艦6隻のうち5隻がこの長崎港にあるらしいです。


c0020984_00043966.jpg















左手にはパシフィックビーナスが停泊しています・・・でかぃ!

早速船に乗り込み、軍艦島を目指します。



c0020984_00203058.jpg















c0020984_00184073.jpg















c0020984_00200830.jpg















c0020984_00190853.jpg















c0020984_00193884.jpg















通称は『軍艦島』で正式名称は端島(はしま)。

長崎港から南西の海上約17.5キロメートル、かつて海底炭田の採掘地として栄えたが、現在は無人の「廃虚の島」

19世紀初頭に石炭が発見され、、1890年に三菱が旧肥前藩の領主鍋島氏から採掘権を買い取り、本格的な採炭を開始

以降、炭鉱労働者とその家族が移住。1916年には、日本初の鉄筋アパート(7階建て)が建設された。

その後、7~9階建ての高層住宅が次々に建てられ、最盛期には東京ドームの1.3倍ほどの面積に約5千200人が暮らしていたという。

日本の近代工業の発展を支え、74年に閉山するまで、戦後の高度成長にも貢献した。


と・・・その歴史は色々ありますが、世界遺産に登録する動きがあるらしいです。

コレは不確かな噂ですが、世界遺産登録されると観光するにも面倒なことが多くなるなんて聞いているので

今回登録前にじっくり軍艦島を見られたのは良い経験でした。


ツアー終了したところで上陸し、腹も減ったということで長崎中華街へ・・・。

長崎と言えば、やはりちゃんぽんでしょう!
c0020984_00421801.jpg















美味しかったんですが、前回食べた店の方がもっと美味かったかな・・・。

その後、長崎市内をウロウロして『福砂屋』本店で土産にカステラを購入、

長崎駅に行き、電車で博多方面へ向かいます。

山梨を深夜出発して睡眠不足だったのか、博多への電車移動中に熟睡・・・。
c0020984_00514448.jpg















何年振りかの中州に到着・・・奥にキャナルシティ博多が見えます。

夕食はもつ鍋の店へ徒歩でむかいます。

c0020984_01183352.jpg

















c0020984_01190293.jpg
















iPhoneを縦にして撮影し、そのままアップするとこうなるのね・・・画像編集めんどうw

何とかしてエキサイトさんw



ここは前回も来たんですが、やはり美味い!ニラとキャベツをグツグツ煮て、沈んできたら食べ時なんですが

あっという間に間食してしまい、その後ニラとモツ肉を二人前ずつ追加! 最後はシメのチャンポン麺

おなかイッパイになったところでホテルへ戻り小休止の後、深夜二時ごろから屋台街へ繰り出しますw


中洲川端周辺の屋台街は終了時間が早いので、タクシーに乗り長浜屋台街へ

芋焼酎を飲みまくり、焼き豚足、せせり炭火焼、餃子、焼きラーメンなどを食べ

シメのとんこつラーメンを食べて店を出たのが4時前ぐらいでしたwww



二日目は眠い目をこすりながら電車で太宰府天満宮へ・・・。
c0020984_02102608.jpg















c0020984_02105597.jpg















菅原道真公・・・学問の神様。

我が家のバカ息子にお土産のお守りを買いましたw

本殿の奥にある茶屋で小休止の後、九州国立博物館をウロウロ
c0020984_02255814.jpg
















駅に戻る参道で「ふくや」の明太子を買ったりしながら太宰府駅に戻ります。


夕食はホテル近くの『末広丸』さん。


広い店内に大きな厨房、大きい生簀もあり、期待大な感じです♪

c0020984_02282294.jpg


















マグロとスズキ、ヒラメの船盛の後に出てきたのが、イカ刺し!

店のご主人のはからいで、日本酒の博多じまんを頂き、大満足して店を後にしました。


この後、小耳にはさんだ豚骨ラーメンの『めんちゃん』に出かけようとしましたが、

部屋に戻り爆睡してしまい二日目は終了w



三日目は福岡タワーへ!
c0020984_02333778.jpg















以前訪れたときはタワーを見上げただけで、海岸沿いの出島みたいなところから船に乗り

水族館へ行った思い出がありますが、今回は最上階まで行ってみました。



たけぇ!


その後はバスと電車で再び中州に戻り、大丸デパートでお土産物を買い

昼食に入った寿司屋で、隣の席にいたセレブなおばさん二人と話が盛り上がり、おまけにビールを全員におごってもらったりして

楽しい昼食を過ごしたところで店を後にし、道路向こうでダメ押しの一蘭www

c0020984_02460532.jpg
















もぅ・・・腹が破裂しそうですw


ホテルに戻り、荷物を持って後ろ髪引かれながら中州の街を目に焼き付け、地下鉄の階段をおります。

c0020984_02461953.jpg
















山梨までの帰り道は、何だか現実に引き戻されるような感じで気持ちが重いけど

楽しく充実した三日間に満足しながら、深夜に山梨に到着しました。


この仲間との旅行は、また二年後・・・今度はどこに行こう・・・。




ノシ

[PR]
2012年 07月 17日

c0020984_17025679.jpg
















c0020984_17031168.jpg
















c0020984_17031956.jpg

















c0020984_17032611.jpg
















c0020984_17033404.jpg

















7月14日に家族で静岡県に遊びに行ってきました♪行いが悪いのか、天気予報は悪くて雨の予報(´・ω・`)
それでも、この週末を逃すと

8月まで行けない事はわかっていたので強行しました。







朝方山梨を出発して、渋滞もなく静岡県の土肥に到着・・・・曇り空で、海に入っている人は誰もいませんw

とりあえず暫く様子見・・・ライフセーバーの方々が忙しそうに準備に追われています。


とても寒くて海に入る気にならないんですが、ここまで来て海を目の前にしたら

息子どものテンションはMAX状態ですw


しょうがないので、少しでも入れば気が済むだろうと、私と息子達は水着に着替え

ヨメは近くのコンビニとドラッグストアで色々買い込んで浜辺へ・・・。


子供達は躊躇無く海に向って泳いでいますw

私も恐る恐る入るが、水が冷たひ orz

それでも、暫く遊んで満足した息子達・・・今度は砂浜で砂遊びを楽しんだ後、

温泉で砂を洗い流して、昼食へ。


昼食は土肥のキッチンしっぽ。


昼食を食べた後は、東伊豆へ移動してサボテン公園へ行ってみました♪

何を隠そう、ヨメとの初ドライブで訪れたのがサボテン公園・・・。

もうあれから何年経つんだろう・・・。


『記念に・・・』って、オルメカ像の前で写真を撮ったっけな・・・。

まさかあの頃、十数年経って息子達と一緒に写真を撮るなんて想像もしてなかった。


ヨメと初めて来た時にも、サボテンを買ったんだけど

そのサボテンも今では実家で、物凄く大きく育ってるし・・・これも良い想い出ですな(-_-)


カピバラも可愛かったけど・・・あの頃のヨメも可愛かったな・・・・・

今ではみるかげもああrl;えhぱh:「い4えhw「@h



・・・。



このチョットした日帰り家族旅行も、息子達の想い出になればと

自分で選ばせてサボテンを買って帰ってきました♪


普段忙しくて、ゆっくり会話する時間もなかなか無い息子達ですが、

こういう家族での大切な時間は、もっともっと増やさなければならないと感じました。


またどこかへ出かけてみよう・・・。




ノシ







[PR]
2010年 04月 22日

旅も最終日の三日目・・・。

九州最後の地となる長崎県に行きました♪

まずはお腹を満たすために中華街へ…。


長崎新地中華街
http://www.nagasaki-chinatown.com/annai.html

c0020984_01315788.jpg























長崎中華街 蘇州林

http://www.sosyuurin.com/


c0020984_01321137.jpg

















本場長崎チャンポン…画像は特製ちゃんぽん¥1,260

この他にも皿うどんを頂きましたが、超細麺でサクサクして美味しかった♪

帰りがけにお土産で麻花兒を買いました。


長崎市内

c0020984_01322011.jpg















c0020984_01323116.jpg






















満腹になったところで、中華街~長崎市内を散策・・・。

長崎市内では色々な小さい個人商店に立ち寄ってみました、

本当はアーケード街を抜けて、眼鏡橋、亀山社中に行く予定でしたが

福砂屋のカステラを買ったり、ウロウロしたりしていて時間が無くなってしまい、結局行けず(笑)


帰りの飛行機の時間が迫っていたので、急いで平和公園に向いました・・・。


長崎平和公園
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/kouen/heiwa/heiwatop.html

c0020984_01372823.jpg























まずは平和記念像・・・。

その大きさと、堂々たるポーズ・・・。

右手は原爆を、左手は平和を、顔は戦争犠牲者の冥福を祈っているそうです。

その他、平和の泉や、長崎の鐘など、色々な施設があるのですが

何しろタイムリミットが迫っていたので、急いで原爆資料館へ・・・。


長崎原爆資料館
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/abm/

c0020984_01324171.jpg


















ここは・・・。



ある意味ショックを受けた場所でした(-_-)

およそ30分ぐらいで拝観したのですが、むしろ時間が少なくて良かったのかも・・・。


目を覆うばかりの過去の現実、惨さ・・・。

戦争という愚かな行為・・・。


少ない時間でしたが、色々考えさせられた密度の濃い時間でもありました(-_-)

悲しい、やるせない気持ちを抱えたまま、資料館の最後に展示してあった『立ち尽くす少年』を見たとき

何かに突き動かされるような衝動を受け、逃げるように資料館を後にしました。


・・・。


旅は楽しいものですが、その地の歴史、過去を知ることも

楽しさと同じくらい大切なことですね・・・。





と、まぁ・・・。


こんな感じの楽しい九州旅行でした。

大まかに覚え書きしましたが、書き忘れた1日目の熊本では、

居酒屋『感』に行き馬刺しと芋焼酎を飲んだり

シメに元祖熊本ラーメン『こだいこ』に行ったりと、熊本の夜も十分満喫しました♪



南九州、鹿児島から、北九州門司、そして長崎・・・。

走りも走ったレンタカーの走行距離は3日間で900㌔を越えておりました(笑)


地図を見てみると、宮崎、佐賀では主な観光はしていないものの

高速道路で通過はしているので、九州は大分以外制覇したことになります。


一人旅では勿論、家族旅行でも、こんなに欲張りで、移動距離がある旅行をするのは

仲間5人との旅行だからかもしれません。

帰宅してからも、色々なエピソードを回想したりして、楽しかった想い出に浸っております・・・。


また、このような度をするのは、恐らく2年後・・・。

今度はどこに行くのか今から楽しみです♪




ノシ


[PR]
2010年 04月 21日


熊本城
http://www.manyou-kumamoto.jp/castle/
c0020984_01165276.jpg























c0020984_01170078.jpg

















c0020984_01171243.jpg


















日本三大名城の一つ、熊本城・・・。
『武者返し』と呼ばれる、巨大な石垣を見ながら階段を上っていくと

堂々とした黒い城が見えてきます・・・。


西南戦争で一部の建物を残して天守を含む御殿や櫓など主要な建物を焼失したらしく

昭和35年に再建されたらしいです。

巨費を投じて発掘、復元整備された本丸御殿は素晴らしいの一言!


ちなみに、熊本城周辺には、当時の衣装を着た方々がカメラのシャッターを押してくれたり

気軽に声をかけることで、色々な説明を聞かせてくれるのですが

その中に、忍者がいるのです(笑)

忍者は見つけても、凄いスピードで走り去ってしまう隠れキャラ的存在なので

見つけた人はラッキーかもしれません(笑)


門司港
http://www.retro-mojiko.jp/

c0020984_01185294.jpg
















開港は明治22年。北九州の工業力と結びついて大陸貿易の基地となり、

最盛期には、1ヶ月に200隻近い外港客船が入港し、

国内航路を含めて年間600万人近い乗降客がいたといいます。


熊本城から色々立ち寄る予定の場所があったのですが、

一気に北上して門司港へ・・・。


門司港レトロの観光は勿論ですが、ここでは今回のメイン土産『明太子』を買いに来たかったのです♪

明太子はどこでも売っている代表的な土産かもしれませんが

仲間の一人が、どうしても『平塚明太子』が欲しかったらしいのです・・・。


私も何年か前に福岡に遊びに来たときは『ふくや』の明太子をお土産に買っていきましたが

帰宅し、この平塚明太子を食べたときには、その美味しさに感動しました♪



福岡
c0020984_01220521.jpg



















c0020984_01191536.jpg


















ご飯を食べに行く途中、携帯でキャナルシティー博多、中州を撮影してみました。

福岡は今回で2回目・・・。

食べる物、街の雰囲気・・・何もかもがエキサイティングな街です♪

本来なら中州か長浜の屋台で夕飯となるところですが

今回向ったのは、もつ鍋『楽天地』

c0020984_01240483.jpg

























c0020984_01241318.jpg



















福岡のもつ鍋は有名ですが、この楽天地のもつ鍋

その外見に圧倒されました(笑)

ニラの量がハンパねぇ!

グツグツ煮ると、ニラの山はだいぶ下がってきますが、肝心のモツまでなかなかたどり着けません(笑)

ピリっと辛いスープが抜群に美味く、鍋底から出てくる大量のニンニクが味にパンチをだしています♪

ニラやキャベツから出る旨みと、モツの旨み、ニンニク・・・・色々な味が渾然一体となり

あっという間に食べてしまいました♪

さらにモツのみを追加して完食!


追加メニューには、モツは勿論、ニラやキャベツなどの野菜、チャンポン麺などもあり

自分でアレンジして食べるのも良いかもしれません。


2階はカウンター席で、私は3階の座敷で食べたのですが

店内は観光客、地元の方でごった返しのギュウギュウ詰め・・・・。

ワイワイ賑やかな場所を、店員さんがニラ山盛りのもつ鍋を持ってウロウロします(笑)


こんな美味いもつ鍋を食べたら、他で食べれられなくなるかも・・・。



長浜屋台

c0020984_01255312.jpg















何年か前に福岡に遊びに来たときは、中州側の屋台をウロウロしましたが

今回は長浜方面に行きました、画像の屋台は『満月』さん。


流石にもつ鍋で、お腹イッパイ状態だったので、お酒をガンガンいかせて頂きました♪

つまみに注文した『焼き豚足』と『さがり』は抜群に美味かった♪

福岡の屋台、最高ですね♪

並び、待ち覚悟で有名店に行くのも良いですが

福岡の屋台は、どこの店に入っても、美味しいメニューが沢山あります♪


シメに博多豚骨・・・と、いきたかったですが

もつ鍋が胃袋に鎮座していて入りませんでした(笑)


・・・。


そう言えば一日目の夜に熊本ラーメン食べたんだっけな・・・・・忘れてた(笑)

これも個性的なラーメンだったので、また明日書き残します。




話が脱線しましたが


2日目の夜、福岡はこんな感じでした。




また明日、三日目を書きます




ノシ






[PR]
2010年 04月 21日


山梨を早朝4時に出発し、羽田空港(6:50)→鹿児島空港(8:35)へ・・・。


騒がれている異常気象のせいなのか、温暖なはずの九州、鹿児島でも

山梨と変わらないくらい寒く、吐く息が白くなる(-_-;


鹿児島空港前から、レンタル予約していたステップワゴンに乗り込み、

知覧特攻平和会館を目指して出発!


知覧平和公園、知覧特攻平和会館
http://www.city.minamikyushu.lg.jp/cgi-bin/hpViewContent.cgi?pID=20070920195935&pLang=ja

c0020984_00584117.jpg























c0020984_00584744.jpg



















c0020984_00585510.jpg


















知覧特攻平和会館では、戦闘機、写真、遺書・・・色々な資料を見ました。


大東亜戦争(太平洋戦争)での、特攻という人類史上類のない作戦・・・・・。

一機一艦の突撃を敢行した多くの特攻隊員・・・・・。


一番印象に残ったのは、特攻隊員の沢山の遺書。


その多くが母親や兄弟に宛てられていたもので、その内容を読んでいるうちに

何とも言えぬ胸の詰まるような想いが込み上げてきました(-_-)


『過去の犠牲の上に、現在の平和が成り立っている』


なんて・・・。


よく聞く言葉かもしれませんが、この特攻平和会館で感じたのは

そんな簡単な言葉では片付けられない、過去の現実を見せられたような気がしました。




焼肉工房 まん天
http://www13.ocn.ne.jp/~manten29/

c0020984_01021839.jpg


















c0020984_01023538.jpg


















平和会館を出た頃には、お腹も減って昼食へ

立ち寄ったのは『焼き肉工房 まん天』


ランチのサーロインは限定30食で、私達が行ったときには残り5食・・・。

店員さんに無理を言って、6食分提供して頂きました(笑)


柔らかくて美味しい肉だったのですが

それ以上に窓の外に桜島を望むロケーションが素晴らしかった♪

画像一枚目の桜島の写真は、まん天の窓越しに撮影したものです。


満腹になったところで、車を飛ばして維新ふるさと館へ・・・。



維新ふるさと館
http://www.ishinfurusatokan.info/

c0020984_01043899.jpg


















c0020984_01044542.jpg























歴史に疎い私でも、鹿児島の歴史の魅力に惹かれました。

昨今、『歴女』なんて騒がれる女性が観光する姿をテレビでよく拝見しますが

学校で無理矢理にでも詰め込まれる歴史の勉強も

仕方によっては、こんなに楽しく覚えられるものなのだなと思いました。


特に薩摩藩の郷中教育に関しては、現代の子供教育に一番欠落しているものが

全て詰まっているのでは無いかと思い、関心しました。



鹿児島ウォーターフロント『ドルフィンポート』
http://www.dolphinport.jp/

c0020984_01045182.jpg


















ここへは、コンビニにチョコッと寄ったついでに散策したのですが

ひしめくように並ぶ集合店舗とは裏腹に、店を背にして眺める雄大な桜島と、大きな船・・・。

食事をしたり、お土産を探すのには良い場所なのかもしれません。


地獄温泉『清風荘』
http://jigoku-onsen.co.jp/
c0020984_01074349.jpg











c0020984_01074945.jpg
















いやぁ・・・ここはヤバかった!

細く曲がりくねった山道を走り抜け、ようやく到着したのが、この地獄温泉・・・。


仲間の中に、何年か前にここを訪れた事がある人がいて

もう一度是非行きたいとのリクエストで、遠い道のりを飛ばしてきたけど

もう一度来てみたいと思わせる原因がよくわかりました。


地獄温泉に到着した頃には、日が暮れていたのですが

薄暗い裸電球に照らされたすずめの湯を見たときは、その何とも言えぬ雰囲気に圧倒されました。


温泉というと、泉質や設備、アメニティーなどに関心がいきますが

そう言った概念を良い意味で全てぶっ飛ばすような温泉でした♪


清風荘の広い敷地内には、すずめの湯、元湯、露天・仇討、新湯、家族風呂と

沢山の温泉があるのですが、温泉から温泉へは歩いて行く事となるので

日帰り温泉で行こうと考えている方は、浴衣とサンダル持参が便利かもしれません。


単純硫黄温泉で湯治場として長年愛されてきた温泉の泉質は素晴らしく

シルバーの指輪があっという間に黒くなりました(笑)


あ・・・それに、人生初の混浴でした(爆)




画像の他、色々な場所に立ち寄ったのですが

だいたい九州旅行一日目はこんな感じで、鹿児島~熊本を満喫しました♪






[PR]
------------------------------------------------------------------------------------------