keiaブログ
keiablog.exblog.jp
Top
2016年 12月 31日

大晦日ですね・・・。

昨夜は仲間との忘年会、深夜まで深酒して

今日は昼頃起床して、ビールで迎え酒。西日を浴びながらPC開いたところです。


そんなわけで今年も・・・
「仕事」、「私生活」、「趣味」の三つでふり返ってみようと思います・・・自分への覚書です(-_-)


◆ 「仕事」 ◆

知人と始めた会社・・・今年の五月から正式に正社員となりました。
二十年以上続けた自営業から会社員へ・・・。

そんなに環境が変わるというか、ほとんど変わらないのですが
私的には何事にも責任を負わなければならない経営者の立場より、会社員の方が気楽で良いですねw

幸い、業界的にも厳しい貴金属の世界ですが
弊社は一年を通して忙しく、また以前からある製品で上手く製造ができなかった商品も
悩みに悩んで工夫して答えが導き出せて、上手く量産できるようになり、
またその商品がコンスタントに一年を通して注文が来てくれて本当にいい一年だったと思います。

年をあけてからも、新たな企画や受注が満載で、のっけから忙しくなりそうなのですが
この調子で来年も駆け抜けたいと思います。


◆ 「私生活」 ◆
長男は来年高校卒業して、来年は東京都立川にある専門学校へ一年間行く予定です。
子供の頃から夢だったパティシエになるため、製菓学校へ。

最近はコーヒーやらカフェ関連にも興味があるようですが、
いずれにせよ、幼い頃からの夢に向かって邁進して欲しいと思います。


次男坊は中一、来年二年生。親に似て勉強ができず、塾に通うようになりました。
今どきの子らしく、何も目標が無かった次男坊ですが
最近「建築士」になりたいと言い出しました、何か目標があるというのは良い事です。

身長もメキメキ大きくなり、手間より金がかかるのは大変ですが、
長男坊次男坊ともに頼もしくなるのは親として嬉しい限りです。

今年はヨメともボートで釣りしたこともあったりして、
息子たちが何年か後に巣立つ事も視野に入れ、夫婦二人で楽しむ時間をもっと増やせればと思っています。


とにかく家族が健康で、今まで通り笑いが絶えない生活が
これからも続けれればと思っています。


◆ 「趣味」 ◆
相変わらず釣行回数は少なかったけど、やっぱり楽しい思い出ばかりです。
sweetwave定例会も、ボート釣行も、本当に生涯の宝物になるような記憶ばかりです。

私生活で色々予定があり釣りに行ける回数が少ないのはありますが
私自身色々な役職、取り巻きから引退することもあり、時間を潰されることも少なくなると思いますし、
家族とも、釣り仲間とも、楽しい時間を過ごせることが多くなるとおもうので
来年は来年で自分自身が楽しみにしている部分もあります。



そんな感じの一年でした・・・。



総括すれば、仕事も自営業から会社員になり、楽しく仕事で来た一年でしたし、
私生活も子供達がグングン成長しているのを感じられた一年でしたし、
北海道や愛知県伊良湖に遊びに行ったりして、楽しい一年を過ごせたと思います。

何だか、アパートから実家に引っ越してきて、仕事も会社設立から何だかゴタゴタしていて
そう言うモヤモヤした事柄の答えが出て軌道に乗り、雲が一気に晴れて眩しい日差しが差し込んできたような感じ。

上手く説明できないけど、これから今まで以上に来年は
楽しい一年が過ごせそうな感じがしますし、楽しい一年にするための努力は惜しまない覚悟でいます。



ありがとうございました!
皆さんも来年が良い一年でありますように♪




ノシ




[PR]
2016年 11月 13日


先日の釣行を動画にまとめてみました。

アクションカメラ初心者ですし、編集もヘタクソなので

大変見づらい動画になってしまいましたが、宜しければ見て下さい。


今回はイカ釣り師さんお休みで、がまさんと一緒に山梨を22時に出発します。

港へは深夜に到着、既にnukkyさん、takeさんはワイワイやっております(^^)

道具を積み込み早速出船しますが、ポイントへ到着後は仕掛けを入れてフォンデュパーティー(^^;

色々な話に花が咲き、楽しい時間が過ぎていきます。


明日のヒラメ釣りにピークを持っていき、夜は余裕で過ごす作戦?ですw

反応が悪いながらも太刀魚やマルイカをポツポツと釣り、朝を迎えます。


明るくなり、ヒラメ釣りの泳がせ餌になる小アジを釣りに行きますが、これが全く釣れない(汗)

ポイントを転々としますが、思うように釣れず断念・・・。


ですが、表層を泳いでいたソーダカツオを釣ったり、そんなことをしているうちに

takeさんが良いサイズの鯛を釣ったりと、それはそれで楽しい時間が過ぎます。


結局、15時位に沖上がりして港へ戻り終了となりました。



今回は買ったばかりの慣れないアクションカメラで、思うように撮影できず、

また思うように編集できていませんが、また次回に撮影を試みてみようと思います。



ノシ

[PR]
2016年 10月 23日

前回釣り覚え書きから約二か月弱放置してました(-_-)

相変わらず元気に生きてます。


二か月弱、色々あったのですが

覚え書きとしてココを利用するよりも、フェイスブックやインスタグラムなどのSNSで

色々な普段の事柄を少しずつ吐き出しちゃうのも、自分のブログを利用しなくなった原因かな?

それでも見ているぜ!・・・なんて変わり者の方、これからも宜しくお願いいたします。

フェイスブックとインスタグラムのアドレスを記載しておきます、

シェアなりコメントなり、友人申請なり、一緒に遊びましょうw


Facebook
https://www.facebook.com/keiji.kawazumi

instagram
https://www.instagram.com/keijikawazumi/



さて二か月弱、何をしていたかと言うと、

仕事をしていたか、寝ていたか、食っていたかと、それほどの事柄はありませんw

と言うか、あまり覚えていませんw・・・歳でしょうか?

こういう時の為に、覚書をしておけばいいのにね・・・。



思い出してみると、長男の進学の件で

知人の知り合いにお会いする機会があり、先日長男を連れて行ってきました。


特に何の業界かはお知らせしませんが、長男が将来なりたい職業の業界人で

その業界の現状や裏話など、長男もですが、私も大変勉強になる貴重な時間を過ごしてきました。


印象に残った言葉と言うか、何というか、その方が長男との会話で印象に残ったのが・・・


「若いから悩むのさ、悩むときは悩めばいい、生きているから悩むんだ・・・」

「行き詰ったら辞めたっていい、若いから違う道もある」


・・・まるで、語尾に「みつお」と書きたくなるような格言ですが、私の心にも突き刺さりました(-_-)

私も貴金属業界の者として、25年以上職人をやらせて頂いておりますが、

父親の私からの助言よりも、長男には伝わったのではと思います。


長男もその業界に就職するのが今の夢と言うか、幼いころからの夢で

その夢が幼いころからブレていないのです。

そんな長男にとって、業界でも有名人なその方との出会いとお話しした時間は貴重なものとなったでしょう。


私が感じたのは、その方は60歳を過ぎて今なお現役で業界の最先端を行く人なのですが

仕事ばかりでなく、趣味も充実して楽しんでいるというと事。

強面なのですが、趣味の話になると表情が和らぎ、楽しそうに話をしているのが印象的でした。


趣味が楽しいから仕事も充実する、仕事が充実しているから、趣味に没頭する時間が楽しくなる。

本当にそうだと思いますし、私もそうなっていたいと感じました。


話しは変わり、


以前からアクションカメラが欲しくて、つい最近購入しました♪

勿論第一候補はgoproだったのですが、貧乏な私が購入できるわけでもなく

Amazonで評判がよさそうなDBpowerと言うカメラを購入しました。


ここ最近、試し撮りをしているのですが、最近のカメラは凄いっすね!

これはよほどこだわらない限り、十分なスペックかもしれません、値段も三分の一以下だしw


で、撮った動画を編集しようと、フリーソフトで色々試しているのですが

難しいっすね(汗)

次回釣行時に色々撮って、編集して楽しんでみようと思います。



ノシ

[PR]
2016年 09月 04日




来ちゃった・・・。






行けない!   とか    言ってたのに ・・・。




暗い港から海を見ていたら、




後ろからカンパチ星人が近寄ってきた。



そうこうしているうちに、



フクロウのTシャツを着た人氷結星人がきた。




少し遅れて、




イカ星人がきた。




暗い宇宙のようなみなもに船を浮かべて、風を感じながら滑るように進む。






なんなんだ、この時間・・・。


明日の事なんて気にしなくて良かったんだ・・・。


今このプライスレスな時間こそ、求めていたものなんだ・・・。




だんだん自分が本当の自分になっていくのがわかる。




色々な事柄に縛られて窮屈だった・・・

それを言い訳にして行動しない自分がいた・・・



歳をとるにつれ無茶を恐れ、先を気にして安全圏に自分を誘導しようとする自分がいがいた・・・





そうじゃないんだ。




リスクを抱えて、貴重な時間を作り出すことこそ、自分を解放することができる手段なんだ。




知らなかった。






でも・・・。




そんな僕に、玉ねぎを片手にしたカンパチ星人が話しかけてきた。





「 khかyhごえHがん;Ⅴ;青H;fhじぇおわH。あえkんふぉ;いえはf;lん」





少し戸惑ったが、どうやら僕が惑星に帰る時間を聞いているらしい。


空が明るくなるころと告げたところで、記憶が薄れていく自分に気づいた




・・・。




・・・・・・・・・・・・・・・・。





keiaさん?




デスクに向かい、居眠りをしていた自分・・・




変な夢を見たのか?


気が付くと、夢に出てきたカンパチ星人からメールが届いた。
c0020984_13475995.jpg











夢じゃなかったのか?

恐らくカンパチ星人は満足しているだろぅ・・・。








あ~ねむぃ。




◆料理編◆
c0020984_14032793.jpg




ウルメイワシの刺身






c0020984_14004124.jpg



ウルメイワシのフライ







c0020984_14033611.jpg



丸ソーダのピリ辛ユッケ風









どうやら正夢だったようですw

ごちそうさまでした。





ノシ

[PR]
2016年 08月 15日

お盆休みの初日11日、午後からノンビリ家族で出かけてきました。

毎年恒例の海で磯遊びのはずが、今年は次男坊のリクエストで川へ!

何処か迷いましたが、初場所の道志村へ出かけてみました。


道志の森キャンプ場 http://doshinomori.jp/

c0020984_18095198.jpg











c0020984_18125509.jpg

























c0020984_18141070.jpg


























c0020984_18153012.jpg












道志村に来たのは二回目かな?

笑っちゃうほどのクネクネ道志道を通り到着。


本当に急遽決まって出かけたので、向かう途中のスーパーで肉や野菜、飲み物を買い

キャンプ場に到着したのが昼過ぎ。

キャンプ場も大変混雑していて、場所確保もようやく確保 orz


他の方々、立派なテントを張り泊りがけで来ている方が多い中

私たちは超軽装備w 七輪一個で簡単BBQです(^^:


大自然、山の中の渓流、涼しくて快適です♪

渓流に足をつけると冷たい!

普段海が大好きな私ですが、たまにはこういう山もありかと。


道志は神奈川との県境にあり、山梨甲府よりも都心側からのアクセスが良いこともあって

キャンプファンには良い場所なのでしょうね。


私の住んでいる場所も、もっと近くに同じような渓流が沢山あるのですが

これはこれで良い経験でしたし、ちょっと遠かったけど出かけて正解でした。

時間があれば、近くの渓流に出かけてみようかと思っています・・・釣りアリでw



ノシ



[PR]
2016年 08月 15日



お盆の連休、定例会に行ってきました。

今回は山梨のイカ釣り師さんが予定があり欠席、同じ山梨の「がまさん」とご一緒させて頂きました。

12日の15時頃山梨を出発しますが、やはり連休の為結構な渋滞で到着時間が遅れます(-_-;

港に到着したのが18時位、がまさんは到着が遅れるとのことで、既に準備完了しているtakeさん、nukkyさんと沖へ!

まずは千本方面へ、太刀魚と鯵狙い。

とりあえずコマセが溶けていないのでジグで様子見してみますが、反応がありません。

今度はビシの用意をして鯵を狙いますが、鯵の反応もいまいち・・・。


ライトタックルで餌サバを使い太刀魚を狙いますが、先程から狙っていない

違うヤツがちょっかいを出してくるアタリがありますw


スピニングタックルに鉛スッテで探ると、やっぱりイカ!ムラサキイカ!

船下に群れがあるのか?結構な入れ食い状態でスッテに襲い掛かってきます♪

いくつか釣ったところで、到着したがまさんを迎えに一旦港に戻り、

また先ほどのイカポイントで再スタート後も好調、あっという間にバケツがこんな感じにw

c0020984_16451096.jpg




釣れるたびにジプロックに入れていたのですが

だんだん面倒くさくなり、こんな感じにw





もう十分釣ったのに、釣れると釣り続けてしまうのは釣り人の性・・・だって楽しいんだもん♪


船上でビールを飲みながら、仲間とワイワイBBQしながらの釣り・・・ホント最高な時間が過ぎていきます。


深夜に再び港へ戻り、車中で朝まで仮眠・・・コレで12日は終了。


13日朝方、買い出しに行ったり、船にガソリン入れたりして再び沖へ!

今度はイサキとアカハタを狙いに、少し走ります。

c0020984_16485779.jpg








キャロライナリグにワームで探るも不発で

船上干ししておいたゲソワームでヒットw


久々に釣ったけど綺麗な魚だなぁ♪













この後にももう一匹追加したり、カサゴが釣れたりと十分満足な釣果だし

クーラーはイカで満タンだし終了!・・・かと思いきや

流石の釣りバカ集団・・・13日の夜も前夜満足に釣れなかった鯵と太刀を狙いに行きますw

途中仮眠したこともあるのか?一度港に帰ってモンスターでドーピングしたお陰なのか眠気は皆無!

一度も寝落ちしない定例会は初めてかもしれません。

ビシで鯵、餌で太刀魚をやりますが、いまいちパッとせず


結局日が変わり、14日の二時頃に終了となりました。

久々の20時間以上耐久釣り!

仮眠さえすれば、またまだイケル感じですw


nukkyさん、takeさん、がまさん、ありがとうございました。



楽しかったぁ♪


◇釣果◇
アカハタ    2
マル鯵     1
太刀魚     5
カサゴ     2
ムラサキイカ  数えるのも嫌になるほど



◆料理編◆

あのね・・・釣りを終えて山梨到着が早朝5時頃

シャワーを浴びて仮眠して、ヨメとイカの処理をしたのですが

そりゃーもう量も半端ないですし、墨がついちゃって大変だし

料理に手間をかけていられないわけですw


とりあえずは簡単に刺身と、焼き。
c0020984_17532811.jpg





takeさんブレンド塩の船上干しは焼いて

コレは文句なし美味い!


ムラサキイカは刺身がイマイチと

聞いてはいたけど、十分美味いじゃなぃ!













ちなみにアカハタは煮つけ、マル鯵は焼き

太刀魚は冷凍

ムラサキイカは色々な人に配り、残りは冷凍しました。



ノシ

[PR]
2016年 07月 24日

久々に釣りに行ってきました♪

今回はヨメと一緒のボート釣行・・・。


息子達とは何回かボートで釣りしたことがあるのですが、今回ヨメとは初めて。

車や船などの乗り物で船酔いするヨメ・・・手漕ぎボートに乗るのは初めてらしいのです、

少々の不安を抱きつつ、山梨を深夜三時頃に出発。

買い物したりして、静岡のいつもの海へ

六時前に出船!


朝マズメは良い思いをしたことが無いので、ゆっくり準備しながらビールを飲んだりして

余裕をかましながら釣りを開始します。


私はマキコボシ、ヨメにはキス天秤に簡単仕掛け。

一時間位経ったてもアタリ無し・・・コレ予定通り(-_-)

イカ釣り師さんも、ご友人と出船してウロウロしています。


曇り時々晴れ、微風、中潮、昼過ぎまで下げの釣り、

暑さも想像していたよりも酷くなく快適だけど、開始時陸側から沖に向かって流れていた潮が止まり

全く釣れる気がしない orz


二時間位経過したところで、私はベラ二匹とカサゴ一匹

ヨメは放置しておいた仕掛けを回収した時に釣れていた、ワカシ一匹。


とりあえず、ヨメに何か釣らしてあげたいと思っていたので、釣れ方はどうであれ

ワカシが釣れて一安心・・・だが、

だいぶ船酔いが酷くなってきたのと、トイレ休憩をかねて一旦上陸。

ヨメは車で休んでいるらしいので、私だけボートに乗り込み再び出船。


時間は9時頃・・・ヨメを待たせているので、やっても昼までか・・・。

イカ釣り師さんも隣の湾に行っているみたいなので、私も後を追いかけてアジポイントへ。


ワカシを数本、チャリコを二枚追加・・・コレで今晩のおかずぐらいにはなったかな?

時間は10時半頃、一時アタリが無くなり、このまま終了しようかとも考えていた。


底から5m位から1m刻みでエサを下げていくと、ベタ底で柔らかいアタリ。

聞き合わせしてみると、結構な引き!と言うか暴力的!

デブアジの事などすっかり忘れて、元気なワカシかと思っていたけど明らかに引きが違う。

先ほど締めておいたドラグから何度となくラインが引き出されるのを感じながら

ある程度巻き上げてボート下を覗いてみると、バカでかいアジの魚体が見えた(汗)


急に焦るオレ w

急いでタモを左手に持ち、無事ネットイン♪




c0020984_11010313.jpg
うはっ♪ でかっ!

久々のデブアジに嬉しさがこみ上げてくる。








でも、まだいるかもしれないって欲が出て

釣ったばかりのデブアジを放置して、急いでマキコボシてみるがアタリ無し

その後画像を取ったりして、11時過ぎに終了となりました。


待たせていたヨメと帰りに「さわやか」でハンバーグランチをして

静岡の友人にお届け物をしたりして

山梨に帰ってきたのが16時頃だったかな?


息子達も少しずつ手がかならなくなってきたし、こういう感じで

ヨメとノンビリ出かけるのもいいものですね

・・・ヨメが次回釣りに一緒に行ってくれるのかくれるのか、そうでないかは微妙だけどw


さて・・・。


◆釣果
c0020984_12593556.jpg













デブアジ 1 (1664g)
ワカシ 6
チャリコ 2
チビカサゴは死んでしまったのでお持ち帰り


◆料理
c0020984_13253081.jpg





デブアジは半身お刺身、寿司。
後は干物で後日。
アラは味噌汁。





最高に脂っぽいが、美味(^^;


ワカシは韓国風カルパッチョ、干物。

チャリコはおろして冷蔵庫保存w


美味しく料理してくれるヨメに感謝(-人-)


ビールと焼酎がすすむすすむw




また暇見て釣りにいこっ!



ノシ

[PR]
2016年 05月 22日

5月13~16日まで仲間9人で北海道に遊びに行ってきました。

山梨を深夜3時頃出発し、羽田へ・・・・・・中央環状線C2が開通したおかげで
ナビ予測よりも20分早く空港に到着。

千歳空港に到着したのが朝8時頃・・・早速チャーターしていたバスに乗り込みます!

c0020984_12384130.jpg












四年前にもお世話になった河西観光さん、社長さんの人柄が最高です。

快適なバスの旅スタート!

空港近くのコンビニに向かいアルコールやらドリンク、つまみなどを大量に買い込みますw

余談ですが、途中空港に日の丸のジェット機を見かけました・・・政府専用機だそうです、格納庫は千歳にあるんですね。


最初の目的地はマルトマ食堂!


マルトマ食堂
http://marutoma-shokudo.com/


まずは腹ごしらえです。
c0020984_12464430.jpg












c0020984_12470064.jpg













c0020984_12470973.jpg












苫小牧卸売市場内にある小さな食堂なのですが、さすがに有名店で

お客さんがひっきりなしに訪れます。

ホッキ貝が有名で、四年前に訪れた時もホッキ貝カレーと、うに丼を頂いたのですが

今回も同じく、塩水うに丼(¥2200)を注文し、ホッキ貝カレーを仲間と一緒に食べました。

やっぱりウニは新鮮で甘い!

カレーもホッキ貝がゴロゴロ入っていますw

他の仲間は海鮮丼や、うに丼をたべていましたが、どれも新鮮で人気店なのがわかりますね♪


腹ごしらえができたところで、今度は登別温泉に向かいます。
c0020984_13005570.jpg













地獄谷を一望できる、圧巻の大浴場!

私40数年生きてきて、ここまでデカい温泉施設に入ったのはコレが初めてでした。

日帰り温泉料金2000円とチョッと高めかもしれませんが、登別温泉に訪れた際には是非お勧めです。

温泉内にドリンクを提供してくれるところがあり、温泉に入りながら一杯!なんてことも可能なようですが、

当日は時間外なようで閉っていました。


その後、登別のメインストリートの極楽通りを歩きながら、閻魔大王前で写真を撮ったりと

かるく散策の後、バスに乗り込み宿泊先のホテルに移動します。


c0020984_14544097.jpg













一日目夕食は、深夜まで飲み歩く事を考慮して早めに店に行きました。

ふくろう亭 本店
http://www5.plala.or.jp/fukuroutei/

c0020984_14554556.jpg















c0020984_14552925.jpg













北海道と言えばジンギスカン!

ふくろう亭は地元で愛されている店と聞いた通り、早い時間から地元民であろう家族連れや

サラリーマンなどが続々入店してきます。

生ラム、ラムタン、ソーセージと一通りのメニューを食べてみますが、コレが美味い!!!

モッコリした鉄板の上にもやしを敷き詰めて、その上にお肉を乗せて食べるイメージだったのですが

このお店の食べ方は画像の通り、もやしやキャベツは下にして上部鉄板部分でお肉を焼くそうです。

まぁビールがすすむこと(^^)堪能しました♪

その後、全員で二軒目に行き、その後それぞれ数人に分かれて飲みに行ったりして

深夜になり私は仲間数人とラーメンを食べに行きました♪
c0020984_15082894.jpg













北海道と言えば味噌ラーメンと言うことで、前回は一風堂の道向かいの「そら」に行きましたが、

今回は「すみれ」に行ってみました・・・有名店ですね、私は初すみれでした。

ザ!味噌!と言う感じ、脂がスープ表面に浮いていて、何時まで経ってもスープが冷めません。

でもそれほど脂っぽい訳でもなく、パンチのある味噌の味を堪能できます。

私は麺が硬いのが好きなので、一番硬いのでオーダーしたのですが、

最後まで麺がふやける事もなく、美味しくいただけました♪

コレで一日目が終了。




二日目は・・・。


ニッカウヰスキー北海道工場 余市蒸留所
http://www.nikka.com/distilleries/yoichi/

c0020984_15243769.jpg












c0020984_15251303.jpg














c0020984_15255037.jpg













c0020984_15294718.jpg






























普段でもニッカウィスキーは好きで、ニッカブランデーX・O白を愛飲しているのですが

工場でどのように生産されているのか・・・。

またその歴史などを知った上で頂くのは、一味違ってくるものですね。

とても勉強になったし、また一段とニッカが好きになりました♪


私は見たことが無かったのですが、NHKで「マッサン」というドラマが放送されてから

見学者が年間25万人から90万人に増えたそうです。

ニッカウィスキーの創業者、竹鶴政孝と、その妻リタの物語らしいのですが

この余市蒸留所にもミュージアムがあり、竹鶴政孝がウィスキーに人生をかけた様子が見られます。


見学が終わると、お楽しみの試飲です♪
c0020984_15460199.jpg













ニッカ会館二階にある広いバーで、スーパーニッカ、余市、アップルワインの三種類の試飲ができます。

どれも美味しいのですが、普段飲まないアップルワインは炭酸水などで割ると美味しく感じました♪

その後、お土産に工場限定ウィスキーやブランデーなどを買い込み、余市工場を後にしました。


余市工場からバスで移動し、昼食はお楽しみの

青塚食堂
http://www2.odn.ne.jp/aotuka/
c0020984_15594390.jpg












c0020984_16000675.jpg












c0020984_16003461.jpg












c0020984_16030502.jpg












うに丼・・・時価。

ビビりながら店員さんにお値段を聞いてみたら、4680円だったかな?

でもここまで来たら、食べるしかないでしょ!って事で注文。

やっぱり美味い♪

ニシン御殿すぐ下の民宿食堂と言うこともあり、店先では炭焼きニシンが焼かれていて香ばしい香りに食欲がそそられます。

うに丼と一緒に焼きニシンも食べたのですが、コレも美味かったなぁ。

青塚食堂は四年前も訪れたのですが、やはり生物は鮮度、味ともに最高です、ここは外せない場所ですが

昨今の外国人観光客の増加の影響か?価格を高めに設定してあるような噂も聞きました。


余談ですが、バスのドライバーさんなどは、ドライバー専用の席があるらしく裏メニューも存在するそうです。

私たちを乗せてくれているドライバーさんは、ニシンを蒲焼にして、それを更に油で揚げた

ニシン丼みたいなものを食べたそうです。

そのニシン丼も食べてみたいですが、一般客には出してくれるのかしら・・・。


青塚食堂を後にし、今度は小樽に行ってみます。
c0020984_16155334.jpg













小樽運河、画像は皆さんがよく写真を撮影する橋の上ですが、この橋「あさくさばしがいえん」って名前なんですね

札幌小樽なのに、あさくさばしって・・・初めて知りました。


少し歩いてお土産物をみたりブラブラと散策して、札幌にもどり夕食。

夕食は四年前も訪れた



七福神商店 狸小路本店
http://shichifuku-tanuki-sapporo.com/

c0020984_16404331.jpg













c0020984_16394205.jpg













タラバに毛ガニ、ボタンエビ、ホタテ・・・北海道の海の幸を炉端焼きで堪能します♪

ちなみにこれだけ贅沢に頂いて、アルコール代込でも一人6000円までいかないのですからビックリ!

夕食後は一旦解散し、それぞれ個人行動をとったり、数人で別の店に移動したりと自由時間を楽しみます。

私も仲間数人と散々飲み倒し、また深夜に仲間数人と合流してラーメンへ!


えびそば 一幻 本店
http://www.ebisoba.com/shop-honten.htm
c0020984_16475399.jpg

























c0020984_16482350.jpg














私が食べたのは「えびしお ほどほど」太麺 大盛り。

エビの香りが凄い!

スープを飲む・・・麺をすする・・・その度にエビの香りと味が最後まで堪能できます!

ちなみにストレートの「そのまま」のスープも少しだけ頂きましたが、こちらは更にえび風味が強い感じ、

想像ですが、ストレートのそのままは細麺が合うかな。

有名店と言うこともあり、一幻についたのは深夜12時過ぎていたのですが、店の外まで行列ができていて

結局ラーメンを食べ終えて、店に出てくるときには1時を過ぎていました。


二日目はこれで終了。


最終日三日目は、朝から場外市場へ


c0020984_16582728.jpg













最終日はお土産を買います!

ホテルの朝食をキャンセルして、オカダの二階で食べたのはイクラウニ丼

c0020984_16590283.jpg













北海道に来て、一日一回は必ずウニを食べていますw

恐らく、私が北海道に移住したら必ず痛風になっていることでしょう(^^;


腹ごしらえの後は、お土産にホタテ、ホッケ、ズワイガニ、毛ガニなどを買い宅急便で送ってしまいます。

お菓子も北海道限定のじゃがぼっくる、白いブラックサンダー、白いアポロ、白いきのこの山などを買いました。

長男坊にはKUMAのTシャツ、次男坊にはオルゴール・・・。

ウニが大好物なヨメには塩水ウニを買いました。


一通りお土産物を買って安心した後は、札幌市内観光。

c0020984_17073676.jpg













c0020984_17081536.jpg












c0020984_17085980.jpg













時計台、札幌道庁、札幌ドームなどは車窓から、

札幌テレビ塔は展望台まで上がってみましたが、この日は風が強く展望台が結構揺れていました。

たまたまイベント日に当たったらしく、テレビ塔下のイベント会場では多くの方がジンギスカンを食べていて

小さいステージでアイドルが歌ってました。


クラーク博士の像には初めて行きましたが、ここは一回来ればいいかな(^^;

もっと高原みたいなところに銅像があるのかと想像していましたが、すぐ後ろに札幌ドームが見えるように

意外と札幌市内に近いところだったんですね・・・。


昼食は特に何の予定も無かったのですが、バスの運転手に手配してもらいカレースープ屋さんに行きました。

天竺 札幌清田本店
http://www.tenjiku.server-shared.com/
c0020984_17153749.jpg











c0020984_17161469.jpg











北海道マハラジャカレーに大エビトッピングしてみました。

スープカレーって流行りもので、北海道でもそんなに食べられていないイメージだったのですが

こう言うチェーン店が何店舗もあって、地元の方には馴染み深い食べ物なんですね・・・。

普通のルーカレーよりも、野菜それぞれの味がわかりやすいし、煮込んであるチキンが柔らかくて美味しかった♪


楽しい時間は早いもので、もう空港に向かわなければなりません・・・。

空港でバスの運転手に別れを告げ、空港内でロイズのチョコレート、ルタオのチーズケーキなどを買い

まだ時間が余ったので、カウンターバーで一杯

c0020984_17272916.jpg











北海道で最後のアルコールは何も関係ない知多とオールドクロウでした。

飛行機に乗り込み、ウトウトしている間に羽田に到着!

高速に乗って山梨に着いたのは23時を過ぎていました・・・。


二年毎に仲間とこのような旅行をしているのですが、本当に楽しかった♪

二年後はどこに行こうかな・・・・。



ノシ

[PR]
2016年 05月 07日

家族で伊良湖に出かけてきました。

伊良湖はもう何回も遊びに行っているのですが、思い起こせば前回は2010年・・・時が経つのは早いですね(-_-)


山梨を3日の朝6時に出発し、第二東名を順調に走り愛知へ・・・。

いつも立ち寄る釣具屋でキス釣りの為のイソメを買ったり、喫茶店巡りをしながら伊良湖を目指します。

まずは喫茶店一軒目、ここは何度か立ち寄ったことがある

『阿蘭陀屋』
住所: 〒441-3302 愛知県豊橋市杉山町向山下134






大きな風車が目印、画像二枚目はブレンドコーヒーのモーニングセット(¥380)

雰囲気のある店内に入ると、朝10時頃なのに店は地元の方でほぼ満席状態

雑談する方も、一人で新聞や雑誌を読む方も、農作業の途中のコーヒータイムな方も・・・それぞれ時間を楽しんでいる感じです。


この阿蘭陀屋も、これで来店二度目か?三度目だったか?

愛知県に遊びに来ると、必ず喫茶店を何店か巡るのですが、この阿蘭陀屋のコーヒーは一番美味しいかもしれません。

店の入り口にある古びた戸棚は何なのか以前から気になっていたのですが、今回店主に聞いてみると

店のコーヒーチケットを常連さんの名前別に保管しておく場所だそうです。

よく見ると、チケットにはコーヒーカップの絵が描いてあり、常連さんはチケットを購入し店に預けておけば

お財布無しで店に来てもコーヒーが飲めるシステムになっているらしいです。

こんなところを見ても、地元の方々に愛されているコーヒーショップなのが分かりますね・・・。


朝食を食べたところで、また伊良湖を目指し走りますが、ちょっとしたハプニングがありましたw

セレナの後ろには海で遊んだ後に足や手を洗うための水を積んでいるのですが、それが漏れて着替えが水浸しに(-_-;

コインランドリーに立ち寄り、近くのショッピングセンターをウロウロしたりします。

家族旅行であちこち行くのですが、必ずと言っていいほど地元のスーパーの食料品売り場などに行くんです、

魚の呼び名が違ったり、普段目にしないものがあったりと、意外な発見があって楽しいんです(^^)

三十分程寄り道をして、再び出発!


まずは釣り・・・の前に腹ごしらえ♪


ここも何回も通っている喫茶店ピア

『喫茶ピア』

田原市池尻町精進川44-1




何年か前に、田原市で行っている「どんぶり街道スタンプラリー」の地図を見て立ち寄ったのが、この喫茶ピア

とろとろ味噌カツ丼の美味さにハマってしまい、数年前には日帰りで食べに来たほどファンなのですw




勿論食べたのは、とろとろ味噌カツ丼♪

山梨の煮カツ丼も良いですが、この味噌カツ丼もまた格別です!

甘めの味噌がよく絡んだカツの下、ごはんの上に擦った山芋がかけてあり、これがまた何とも言えません♪

腹ごしらえができたところで、ようやく海へ・・・。











海辺を歩いたり、日出の石門をウロウロしたり・・・。

暫くして、今度は渥美半島の内湾側、いつもの釣りポイントに向かいます。





私はキス釣りに興じます、ヨメと息子たちは貝拾いをしたりと海辺散策。

十数年前に初めてここでキス釣りをした時は、キスはおろかカレイも入れ食いと良い思いをしたのですが

それから訪れるたびにトライしても、全く釣れないんです。

前回も地元の方とお話ししたのですが、台風の影響とかなんとか・・・あまり釣れないらしいですね(-_-)

この日も結局釣れたのはヒトデが二匹www

ヒトデを釣ったのは初めて、ちゃんと針掛かりするんですね(^^;


息子達はカニを捕まえてみたり、マツバガイを取ってみたり、ヨメはアメフラシをイジメてみたりと

それぞれの海を楽しんでいるようでした♪


少し遅れてお馴染みの民宿に到着!

『民宿磯路』
住所: 〒441-3622 愛知県田原市和地町新切95


いつもGWながら私たち家族を含めて二組ほどの宿泊客で、ノンビリな感じなのですが

今年は三重の伊勢志摩サミットの影響か、観光客が渥美半島に流れてきたみたいで宿泊した場所もほぼ満室。

民宿なので、設備やアメニティーは決して良いとは言えませんが

胸を張って良いと言えるのは食事!



漁業は勿論、畜産も農業も盛んな渥美半島は美味しいものが沢山あります。

クロダイのお造りと伊勢海老、アサリのヌタ、煮魚、豚スキと大満足の夕食でした♪


部屋に戻って、またビールで乾杯のところが

疲れもあってか、気が付けばビール片手に寝ていましたw

心配していた天気も、日が暮れてから結構な雨が降り、二日目朝には止んで朝から快晴・・・ツイてます♪

そしてまた海へ・・・。















旅行と言っても時間に追われて観光したりもしない、ただ海を見て、思うがままに時間を過ごすのが

最高の贅沢なのです。

ちなみに二日目も釣りしたのですが、釣れたのはヒトデだけでしたw


片づけを済ませ、海からほど近い、以前から気になっていた喫茶店に立ち寄ってみました。

『西山あるる』
住所: 〒441-3619 愛知県田原市西山町西ノ山153−1









店入り口右側にあるブーゲンビリアが綺麗で印象的、店内に入っても雰囲気がイイ感じ

やはりここも地元の方が沢山いらしていましたが、ブーゲンビリアに近い席から埋まっている感じでした。


暫くしてクリスタルポルト方面へ、お土産物を買いに向かいます。

いつも利用している『萬八屋』に到着。







地元名産の大アサリに生牡蠣


いよいよ家族旅行も終盤、伊良湖を後にして、道の駅「田原めっくんはうす」でメロンやオレンジを買ったりしながら

第二東名に乗り、さほど渋滞もせず、山梨に日が暮れたころ到着しました。


今回もとても楽しい家族旅行となりましたが、来年は違う地に新規開拓旅行も良いかなと・・・。

それと、今回は長男が食事をご馳走してくれたりと、少しだけ息子たちの成長を少しだけ垣間見たというか

自分が歳をとったのを感じたと言うか・・・。

いつか息子達が旅のプランを立て運転して、私とヨメを連れてってくれるような家族旅行ができる日も

そんなに遠くない未来なんじゃないか・・・なんて思いました。



ノシ



[PR]
2016年 03月 13日

先月ぐらいから、ある仕事が上手くいかず悩んでいた。

手の込んだリングの仕事、素材はK18とK18WG・・・。

組み込み、ロー付けの段階では何の問題もないのだが、仕上げの段階でどうしても色が出ない orz

K18WGはメッキ仕上げなので、仕上げ工程が一つ欠けるのだが、メッキが上手く乗らないらしく

返品で帰ってきてしまう、貴金属地金の他に異素材が入っているのが原因かもしれないが・・・。


表面処理が上手くいかない(-_-)


しかも、リングの素材に使われるパーツが見た目は同じでも、パーツを買っている会社によって

それぞれ性質が少しづつ違い三種類のパーツがあるが、仕入れの関係で取引先でもそれを統一することが難しいらしく

毎回性質の違うパーツを使わなければならないので、表面処理が上手くできるときもあれば

全く同じやり方でも上手くできない時がある。


散々悩んだ挙句、取引際でこのリングを制作しているもう一社の職人さんの工場を

取引先の営業二人とうちの会社の社長と私とで訪れ、制作工程を見せてもらうことになった。


その職人さんはKさん、工場に入ると他に職人さんが5人ほどデスクに向かって仕事をしている。

貴金属工房の独特な雰囲気・・・一目でできる職人なのが感じ取れる。


組み込みから仕上げまで、一通りのことを教えてもらい

帰ってきてから同じ道具、溶剤などを買い込んで、何度もテストした結果

やはり問題なのは表面処理 orz どうしても狙った色が出ない、くすんでしまう。


そしてまた、Kさんに連絡して社長と私でくすんだリングを持ち込み、目の前で再処理をしてもらったが

まるで魔法をかけたかのように輝いて仕上がるリングに、何も言葉が出なかった(-_-)

私は処理するKさんのすぐ後ろで、その工程全部を食い入るように見ていたけど

やってる事は私とほぼ同じと言うか・・・同じ。

何が違うのかがわからない・・・それが一番の原因。

恐らく何かが違うことは確かだし、その微細な違いを理解すれば、悩んでいたことが嘘のようになることも分るが

それはKさんと私の年期と言うか、場数の違いと言うか、レベルの違いだろう(-_-)


帰社してから、薬品の量や容器などをもう一度見直し、再チャレンジする予定だが

一発勝負で二回目のやり直しがきかないし、何しろ貴金属なので失敗したときの損失がデカい・・・。


大概の事は苦労する事柄でも、やり方さえ習得してしまえば問題なくできるのだけど

何だか久々に大きい壁にブチ当たった感じ。


でも、失敗することにより得たものもあった。


普通、貴金属職人に限らず職人と言う仕事に携わる人は、多かれ少なかれ自分の技術が外に漏れるのを嫌う人が多い

苦労して導いた方法を、見ただけで盗まれるのを嫌がるからだ、

工房に入るのさえ拒む職人すらいる中、Kさんは快く向かい入れて、しかも微に入り細に入り

包み隠さずオープンに教えてくれるのは、最初にお会いした時に不思議でしょうがなかった。


勿論、教えてもらった技術を生かして私の工場の生産量が上がれば、Kさんの工場の仕事を奪ってしまうことになる。

よほどこのリングの仕事が嫌なのか?それとも他の仕事がやりきれないほどあるからか?

最初はわからなかったが、Kさんと何度かお会いしてお話ししている時にわかった。

一番印象に残っているのが・・・


「仕事で色々無茶な依頼が来るけど、できないって言いたくないんです」


恐らく、このリングの仕事に限らず、数えきれないほどの失敗を重ね、そこから正解を導き

今まで職人としてやってきたKさんだからできる仕事、製品と言うのがいくつもあるのだと思う。


自分の技術を包み隠さず教えてくれるのは、Kさんの積み重ねた失敗と正解が誰よりも多いから

正解だけ教えてもらっても、深く理解しなければ同じような失敗を繰り返すことになるから。

また貴金属製造に携わる人の減少、高齢化もあるだろうか?


一昔前の、親方にくっ付いて背中越しに見て技術を盗み、自分のものにするのは昔の話

特許関連は除外して、その他の技術は同業者の誰にでもオープンにした方が業界の技術向上にもなる。


今回問題の表面処理みたいに、オープンに教えてもらってもできないこともある

Kさんにあって、私にないのは失敗の数じゃないのかと最近思っている。


自分の技術に溺れれているわけでは決していないし、この職人の世界では

私はまだまだ若造の一人に過ぎない。

毎日売り上げを上げるためのルーティンな仕事をこなし、手の込んだ難しい仕事を避ける傾向にあった自分は

職人として自分の成長を自分で止めていることになっているのかもしれない。


また、難しい手の込んだ時間のかかる仕事に見合った工賃の支払いを渋る業界にも問題があるのだと思う。

勿論、職人さんは工賃を稼ぎ生活しているのだから、割に合わない仕事は避けるのも正解と言えば正解だろう。


何だか・・・この仕事で色々考えさせられた(-_-)


私の周りの職人さんの中でも、久々に「この人スゲェな」って人に出会えただけで

私にとってプラスだし、いくら追いかけても追い抜くことはできない存在かもしれないが

追いかけ続けてやろうと自分に誓いました。


職人って一言で言っても、職人になるための試験があるわけではありません。

業界に身を置き、職人として何十年従事していても知らない事もあれば、できない製品もある・・・。

知らない事があるから、できない製品があるから職人では無いのかとは思いせん。

誠心誠意、自分の一生をかけてその仕事を突き詰めようと思っている人が

職人なのではないかと、Kさんを見て感じました。


私なんぞはまたまだですな(-_-)



ノシ

[PR]
------------------------------------------------------------------------------------------