keiaブログ
keiablog.exblog.jp
Top
2016年 05月 07日

家族で伊良湖に出かけてきました。

伊良湖はもう何回も遊びに行っているのですが、思い起こせば前回は2010年・・・時が経つのは早いですね(-_-)


山梨を3日の朝6時に出発し、第二東名を順調に走り愛知へ・・・。

いつも立ち寄る釣具屋でキス釣りの為のイソメを買ったり、喫茶店巡りをしながら伊良湖を目指します。

まずは喫茶店一軒目、ここは何度か立ち寄ったことがある

『阿蘭陀屋』
住所: 〒441-3302 愛知県豊橋市杉山町向山下134






大きな風車が目印、画像二枚目はブレンドコーヒーのモーニングセット(¥380)

雰囲気のある店内に入ると、朝10時頃なのに店は地元の方でほぼ満席状態

雑談する方も、一人で新聞や雑誌を読む方も、農作業の途中のコーヒータイムな方も・・・それぞれ時間を楽しんでいる感じです。


この阿蘭陀屋も、これで来店二度目か?三度目だったか?

愛知県に遊びに来ると、必ず喫茶店を何店か巡るのですが、この阿蘭陀屋のコーヒーは一番美味しいかもしれません。

店の入り口にある古びた戸棚は何なのか以前から気になっていたのですが、今回店主に聞いてみると

店のコーヒーチケットを常連さんの名前別に保管しておく場所だそうです。

よく見ると、チケットにはコーヒーカップの絵が描いてあり、常連さんはチケットを購入し店に預けておけば

お財布無しで店に来てもコーヒーが飲めるシステムになっているらしいです。

こんなところを見ても、地元の方々に愛されているコーヒーショップなのが分かりますね・・・。


朝食を食べたところで、また伊良湖を目指し走りますが、ちょっとしたハプニングがありましたw

セレナの後ろには海で遊んだ後に足や手を洗うための水を積んでいるのですが、それが漏れて着替えが水浸しに(-_-;

コインランドリーに立ち寄り、近くのショッピングセンターをウロウロしたりします。

家族旅行であちこち行くのですが、必ずと言っていいほど地元のスーパーの食料品売り場などに行くんです、

魚の呼び名が違ったり、普段目にしないものがあったりと、意外な発見があって楽しいんです(^^)

三十分程寄り道をして、再び出発!


まずは釣り・・・の前に腹ごしらえ♪


ここも何回も通っている喫茶店ピア

『喫茶ピア』

田原市池尻町精進川44-1




何年か前に、田原市で行っている「どんぶり街道スタンプラリー」の地図を見て立ち寄ったのが、この喫茶ピア

とろとろ味噌カツ丼の美味さにハマってしまい、数年前には日帰りで食べに来たほどファンなのですw




勿論食べたのは、とろとろ味噌カツ丼♪

山梨の煮カツ丼も良いですが、この味噌カツ丼もまた格別です!

甘めの味噌がよく絡んだカツの下、ごはんの上に擦った山芋がかけてあり、これがまた何とも言えません♪

腹ごしらえができたところで、ようやく海へ・・・。











海辺を歩いたり、日出の石門をウロウロしたり・・・。

暫くして、今度は渥美半島の内湾側、いつもの釣りポイントに向かいます。





私はキス釣りに興じます、ヨメと息子たちは貝拾いをしたりと海辺散策。

十数年前に初めてここでキス釣りをした時は、キスはおろかカレイも入れ食いと良い思いをしたのですが

それから訪れるたびにトライしても、全く釣れないんです。

前回も地元の方とお話ししたのですが、台風の影響とかなんとか・・・あまり釣れないらしいですね(-_-)

この日も結局釣れたのはヒトデが二匹www

ヒトデを釣ったのは初めて、ちゃんと針掛かりするんですね(^^;


息子達はカニを捕まえてみたり、マツバガイを取ってみたり、ヨメはアメフラシをイジメてみたりと

それぞれの海を楽しんでいるようでした♪


少し遅れてお馴染みの民宿に到着!

『民宿磯路』
住所: 〒441-3622 愛知県田原市和地町新切95


いつもGWながら私たち家族を含めて二組ほどの宿泊客で、ノンビリな感じなのですが

今年は三重の伊勢志摩サミットの影響か、観光客が渥美半島に流れてきたみたいで宿泊した場所もほぼ満室。

民宿なので、設備やアメニティーは決して良いとは言えませんが

胸を張って良いと言えるのは食事!



漁業は勿論、畜産も農業も盛んな渥美半島は美味しいものが沢山あります。

クロダイのお造りと伊勢海老、アサリのヌタ、煮魚、豚スキと大満足の夕食でした♪


部屋に戻って、またビールで乾杯のところが

疲れもあってか、気が付けばビール片手に寝ていましたw

心配していた天気も、日が暮れてから結構な雨が降り、二日目朝には止んで朝から快晴・・・ツイてます♪

そしてまた海へ・・・。















旅行と言っても時間に追われて観光したりもしない、ただ海を見て、思うがままに時間を過ごすのが

最高の贅沢なのです。

ちなみに二日目も釣りしたのですが、釣れたのはヒトデだけでしたw


片づけを済ませ、海からほど近い、以前から気になっていた喫茶店に立ち寄ってみました。

『西山あるる』
住所: 〒441-3619 愛知県田原市西山町西ノ山153−1









店入り口右側にあるブーゲンビリアが綺麗で印象的、店内に入っても雰囲気がイイ感じ

やはりここも地元の方が沢山いらしていましたが、ブーゲンビリアに近い席から埋まっている感じでした。


暫くしてクリスタルポルト方面へ、お土産物を買いに向かいます。

いつも利用している『萬八屋』に到着。







地元名産の大アサリに生牡蠣


いよいよ家族旅行も終盤、伊良湖を後にして、道の駅「田原めっくんはうす」でメロンやオレンジを買ったりしながら

第二東名に乗り、さほど渋滞もせず、山梨に日が暮れたころ到着しました。


今回もとても楽しい家族旅行となりましたが、来年は違う地に新規開拓旅行も良いかなと・・・。

それと、今回は長男が食事をご馳走してくれたりと、少しだけ息子たちの成長を少しだけ垣間見たというか

自分が歳をとったのを感じたと言うか・・・。

いつか息子達が旅のプランを立て運転して、私とヨメを連れてってくれるような家族旅行ができる日も

そんなに遠くない未来なんじゃないか・・・なんて思いました。



ノシ



[PR]
2016年 03月 13日

先月ぐらいから、ある仕事が上手くいかず悩んでいた。

手の込んだリングの仕事、素材はK18とK18WG・・・。

組み込み、ロー付けの段階では何の問題もないのだが、仕上げの段階でどうしても色が出ない orz

K18WGはメッキ仕上げなので、仕上げ工程が一つ欠けるのだが、メッキが上手く乗らないらしく

返品で帰ってきてしまう、貴金属地金の他に異素材が入っているのが原因かもしれないが・・・。


表面処理が上手くいかない(-_-)


しかも、リングの素材に使われるパーツが見た目は同じでも、パーツを買っている会社によって

それぞれ性質が少しづつ違い三種類のパーツがあるが、仕入れの関係で取引先でもそれを統一することが難しいらしく

毎回性質の違うパーツを使わなければならないので、表面処理が上手くできるときもあれば

全く同じやり方でも上手くできない時がある。


散々悩んだ挙句、取引際でこのリングを制作しているもう一社の職人さんの工場を

取引先の営業二人とうちの会社の社長と私とで訪れ、制作工程を見せてもらうことになった。


その職人さんはKさん、工場に入ると他に職人さんが5人ほどデスクに向かって仕事をしている。

貴金属工房の独特な雰囲気・・・一目でできる職人なのが感じ取れる。


組み込みから仕上げまで、一通りのことを教えてもらい

帰ってきてから同じ道具、溶剤などを買い込んで、何度もテストした結果

やはり問題なのは表面処理 orz どうしても狙った色が出ない、くすんでしまう。


そしてまた、Kさんに連絡して社長と私でくすんだリングを持ち込み、目の前で再処理をしてもらったが

まるで魔法をかけたかのように輝いて仕上がるリングに、何も言葉が出なかった(-_-)

私は処理するKさんのすぐ後ろで、その工程全部を食い入るように見ていたけど

やってる事は私とほぼ同じと言うか・・・同じ。

何が違うのかがわからない・・・それが一番の原因。

恐らく何かが違うことは確かだし、その微細な違いを理解すれば、悩んでいたことが嘘のようになることも分るが

それはKさんと私の年期と言うか、場数の違いと言うか、レベルの違いだろう(-_-)


帰社してから、薬品の量や容器などをもう一度見直し、再チャレンジする予定だが

一発勝負で二回目のやり直しがきかないし、何しろ貴金属なので失敗したときの損失がデカい・・・。


大概の事は苦労する事柄でも、やり方さえ習得してしまえば問題なくできるのだけど

何だか久々に大きい壁にブチ当たった感じ。


でも、失敗することにより得たものもあった。


普通、貴金属職人に限らず職人と言う仕事に携わる人は、多かれ少なかれ自分の技術が外に漏れるのを嫌う人が多い

苦労して導いた方法を、見ただけで盗まれるのを嫌がるからだ、

工房に入るのさえ拒む職人すらいる中、Kさんは快く向かい入れて、しかも微に入り細に入り

包み隠さずオープンに教えてくれるのは、最初にお会いした時に不思議でしょうがなかった。


勿論、教えてもらった技術を生かして私の工場の生産量が上がれば、Kさんの工場の仕事を奪ってしまうことになる。

よほどこのリングの仕事が嫌なのか?それとも他の仕事がやりきれないほどあるからか?

最初はわからなかったが、Kさんと何度かお会いしてお話ししている時にわかった。

一番印象に残っているのが・・・


「仕事で色々無茶な依頼が来るけど、できないって言いたくないんです」


恐らく、このリングの仕事に限らず、数えきれないほどの失敗を重ね、そこから正解を導き

今まで職人としてやってきたKさんだからできる仕事、製品と言うのがいくつもあるのだと思う。


自分の技術を包み隠さず教えてくれるのは、Kさんの積み重ねた失敗と正解が誰よりも多いから

正解だけ教えてもらっても、深く理解しなければ同じような失敗を繰り返すことになるから。

また貴金属製造に携わる人の減少、高齢化もあるだろうか?


一昔前の、親方にくっ付いて背中越しに見て技術を盗み、自分のものにするのは昔の話

特許関連は除外して、その他の技術は同業者の誰にでもオープンにした方が業界の技術向上にもなる。


今回問題の表面処理みたいに、オープンに教えてもらってもできないこともある

Kさんにあって、私にないのは失敗の数じゃないのかと最近思っている。


自分の技術に溺れれているわけでは決していないし、この職人の世界では

私はまだまだ若造の一人に過ぎない。

毎日売り上げを上げるためのルーティンな仕事をこなし、手の込んだ難しい仕事を避ける傾向にあった自分は

職人として自分の成長を自分で止めていることになっているのかもしれない。


また、難しい手の込んだ時間のかかる仕事に見合った工賃の支払いを渋る業界にも問題があるのだと思う。

勿論、職人さんは工賃を稼ぎ生活しているのだから、割に合わない仕事は避けるのも正解と言えば正解だろう。


何だか・・・この仕事で色々考えさせられた(-_-)


私の周りの職人さんの中でも、久々に「この人スゲェな」って人に出会えただけで

私にとってプラスだし、いくら追いかけても追い抜くことはできない存在かもしれないが

追いかけ続けてやろうと自分に誓いました。


職人って一言で言っても、職人になるための試験があるわけではありません。

業界に身を置き、職人として何十年従事していても知らない事もあれば、できない製品もある・・・。

知らない事があるから、できない製品があるから職人では無いのかとは思いせん。

誠心誠意、自分の一生をかけてその仕事を突き詰めようと思っている人が

職人なのではないかと、Kさんを見て感じました。


私なんぞはまたまだですな(-_-)



ノシ

[PR]
2016年 03月 01日

今年二回目の釣りに行ってきました。

久々にメンバーが集まって、nukky号での釣りです。


イカ釣り師さんと私の山梨組は、23時の遅い出発で港を目指します。

takeさん、nukkyさんはBBQをしているとか?www


深夜に港に到着し、出船!


風もなく穏やかな海・・・まずはヤリイカから始めてみますが、

とにかくシブい orz アタリすらない時間が過ぎていきます。

私以外の三人は3~4つぐらい釣ったのかな?

私はアタリすらない(-_-)


それでも船上はワイワイと賑やかで、チビイカを掬ってつまみにしてみたり

ソーセージを食べ過ぎて、皆で胸やけしてみたりとw 

賑やかで楽しい時間が過ぎていきます。


空が明るくなってきたころヤリイカに見切りをつけて、朝マズメはアカムツ狙いで沖に出ます。


沖には同じくアカムツ狙いの船がいくつか見えます。

早速仕掛けを下ろしますが、ヤリイカ同様にアカムツもシブい感じ orz

takeさんがドンコを三匹とシロムツ一匹、

私がクロムツを一匹だけで、結局船中アカムツは釣れませんでした。


その後、鬼カサゴをやってもダメで、アマダイポイントへ移動してもダメ・・・。



結局、バックアップを取りに淡島で小鯵を数十匹釣って

昼頃に納竿となりました。


貧果だったけど、普段のストレスが吹っ飛んだ感じ・・・やっぱり仲間と楽しい釣りをしながら過ごす時間は

プライスレスなんだと実感しました♪


takeさんは渋滞をさけて早めの撤収! nukkyさんとイカ釣り師さんと私は

三島の伝丸でラーメン食べて終了となりました。


あー楽しかった♪



ノシ

[PR]
2016年 02月 21日


[PR]
2016年 02月 20日


[PR]
2016年 01月 12日

さて・・・。

釣ってきた獲物を頂くのも、釣りの楽しみの一つなのですが、

今回もヨメが頑張って捌いてくれました♪


まず、釣りから帰ってきた日の夕飯に食べたのが

『カワハギのお刺身、肝和え』

c0020984_20260700.jpg





















まっ、カワハギ料理のド定番ですが、やっぱり美味い!

肝の上に乗せられた、ほんの少しの柚子の香りがたまりません♪

絶対フグ刺しより旨いと思うのです!・・・数回しかフグ刺しを食べた事が無い私が言うのもなんですが(汗)

画像がありませんが、カワハギのアラで出汁を取った味噌汁も一緒に頂きましたが、コレもまた絶品でした(^^)


アマダイとイトヨリはクーラーの中で熟成して、二日目に頂きました。


『アマダイのお刺身』
c0020984_20261528.jpg





















切り身の上品な甘み、食感、最高です♪

鱗を残したまま素揚げした皮も、サクサクして美味しかった。


そして、アマダイの外道で釣れた嬉しい外道


『イトヨリのニンニク、ネギのレモン風味』

c0020984_20262474.jpg




















グリルで時間をかけて焼いたようです。外道とは言え、アマダイにも引けを取らぬ一品!

イトヨリのたんぱくな身と一緒に食べるニンニクやネギがたまりませんでした♪


釣りから帰ってきて、心地よい疲労感を感じ

風呂から上がって、釣ってきた獲物で酒を頂く時間が、本当に至福の時であります。


ヨメに感謝 (-人-)



ごちそうさまでした!





ノシ

[PR]
2016年 01月 09日

愛猫が亡くなって、喪中なので「おめでとう・・・」とは言いませんが

ここを見て下さってるコアな皆さん、今年も宜しくお願いしますm(_ _)m


あ・・・婆ちゃんが亡くなったんだっけw



ま・・・そんなことはいいとして。

年を越して仕事も一段落ついたので、釣りに出かけようと思いついたのです!

何か月ぶりだろう?釣りするの・・・。

とりあえず、ヨメに釣りに出かけることを伝えて、金曜の仕事をさっさと済ませると

食料品の買い出しから帰ってきたヨメが、私に一言!



『 魚 ・・・ 買わなかったからね! 





・・・。


・・・・・・・。




何この微妙なプレッシャー(-_-;






そんなこんなで、ホームグランドに到着!出船!
c0020984_20585889.jpg















天気予報通り良い天気、穏やかで良い凪・・・・・・コレ、釣り運を貯めていたせいなのか?

とりあえず、一日の組み立て・・・と言うか、目標は・・・。


? カワハギが釣れているとの前情報なので、まずはカワハギでお土産確保!

? 落ち着いたところで、マキコボシ開始・・・アジ、タイなどを・・・。

? 穏やかなので調子づいてアマダイ狙い! 釣れたら満点


・・・こんな感じ。


まずは生簀周辺をカワハギ探索、魚探には一切反応が無い(-_-)

ボート屋前の生簀は一通り探索したが、外道すら釣れない orz

シビレを切らし、岬周辺で餌木などを投げてみるが、イカ釣り師さんのように釣れるわけでもなく

そのまま隣の古宇へ・・・。


この日はKさんもお友達とボートを出していたのですが、マキコボシにも何の反応も無いとのこと(-_-;

今日はハズレ日なのか?

生簀周辺を魚探を見ながら探索するも、全く魚っ気が無い orz

マキコボシすらやる気がなくなって、カワハギを拾い釣り・・・。


c0020984_21000563.jpg




















型は良いけど、そんなに釣れない(-_-)

まぁ、ヘタレな私だから釣れない事はわかっているし、良い天気のなか久々に釣りができるこの時間がプライスレスなのを実感。


パッとしないので一気に沖へ!


ガーミンも何も持ってきてないし、持っていてもたいして使いこなせないヘタレなオレ・・・。

定例会の時の記憶を頼りに、だいたいここらへんだろ?的な場所で仕掛けを投入してみる。

c0020984_20593537.jpg




















うはっ・・・マグレだw 今年一年の運を使い切っちゃったw


ウルウルした瞳、相変わらず可愛い顔・・・背中の赤い二本線は?・・・なんだろ?

何だか嬉しくなっちゃって帰っても良い感じになっちゃたが、欲を出して二本目を狙うも

チャリコの猛攻!

それでもソコイトヨリが釣れたりして、楽しい時間を過ごしました♪

帰りに立保生簀まわりをボートを流しながらマキコしましたが、釣れるわけもなく撤収!


マキコボシでは釣れませんでしたが、なんだかんだ楽しい初釣りとなりました♪



釣果・・・。


c0020984_21060976.jpg















良い初釣りだったけど、色々考えさせられる釣行でもありました(-_-)

本来であればボートを生簀に係留してマキコボシ釣りをするのですが、

ある心無い釣り人が原因で、係留禁止となっています。

今回、知らない釣り人が生簀に係留しているのを多々見かけましたが、基本係留は禁止らしいです。

自分の趣味を楽しむ大好きな場所で、肩身が狭くなるって寂しいですよね・・・。

こう言ったことは過去にも繰り返されているようですが、釣り人それぞれが常識を守り

楽しく釣りができるような環境を維持しできればと思います。




さて・・・。



ヨメが今カワハギを捌いていますが、楽しみだな♪




ノシ

[PR]
2015年 12月 25日

二か月ぶりの更新。。。

Facebookやmixi、インスタグラムなどの便利なSNSで

色々あったことを記憶として留めておくことができるし、しかもそれがすべて携帯で更新できるとなると

なかなかPCを開くことも少なくなりますね(-_-)


で・・・。


久々にPCを開いたので、例年のごとく今年を

「仕事」、「私生活」、「趣味」の三つでふり返ってみようと思います・・・自分への覚書です(-_-)



◆ 「仕事」 ◆

仲間と始めた会社が6月からスタートしました。

新しい仕事場ができて、環境がガラッと変わり、仕事しやすい環境になりました。

正式には私はまだその会社の所属ではないのですが、来年には一員となれればと言うところです。

仕事内容的には、例年と同じく忙しかったし、何より同じ志を持つ仲間と同じ環境で仕事できるというのは

今まで自営業でやってきた私にとって新鮮でしたし楽しかったです。

これからこの会社がどうなっていくのかは全くわかりませんが、初志貫徹・・・製造として

エンドユーザーの事を第一に考えて、モノ作りをしていこうと思います。



◆ 「私生活」 ◆

長男は高校二年生、次男は小学六年生・・・だんだん生意気になってきました。

長男は原付免許を取得、近所のラーメン屋でバイトを始め、

次男坊は体がひとまわり大きくなって風邪もひかなくなってきました。

頼もしい一面が見えたかと思えば、まだまだ子供の二人なのですが

そこが可愛いところでもあるのかな・・・このまま健康で育っていってほしいものです。


私のヨメは、仕事の関係もあり、本当に休日の少ない一年でした orz

本当にこの一年で、丸一日しっかりとした休日って三日もなかったんじゃないかな?

相変わらずの「貧乏暇無し生活」は慣れっこなのですが、ヨメには本当に苦労をかけています。

来年は四十代ど真ん中・・・子供も金はかかるも、手はかからなくなってきたので

ストレス発散の為にも、夫婦で余暇をノンビリ過ごせる時間を増やしたいと思っています。



◆ 「趣味」 ◆

言わずもがな・・・本当にコレばっかりは思うようになりません orz

時間は自分で作り出すしかないのは承知ですが、仕事を蔑ろにしてまで出かけられませんし

ここ数年、私生活も仕事も変革の年でしたので、こうなることはあらかじめ予測していた部分もありました。

ボート釣りも、ある心無い釣り人が原因で、大好きな場所の肩身が狭くなるようなトラブルがあったり、

定例会も、nukkyさんや、私の海釣り師匠のイカ釣り師さんの転勤があったりと結構色々な出来事あった年でした。

生活環境の変化、仕事環境も、おおよそは一段落ついた今年・・・。

来年は、釣り仲間と大好きな海で、楽しい時間を過ごす時間が増えればと思っています。




・・・と。


おおざっぱですが、こんな一年でした。

若い時は気づかなかったこと、歳をとってわかる事、そんなことがだんだん多くなってきたのかな?

何もかも満足できる生活をおくっているわけではありませんが、

来年も一日一日を大切にして、精いっぱい楽しんで過ごしたいと思います♪



ノシ



[PR]
2015年 10月 04日

コレスゲー!!!




どこまで進化するのだろう・・・。

[PR]
2015年 09月 26日

c0020984_18433015.jpg












先日買った長男坊のバイクが本日届きました。











ヤマハJOGデラックス

たかが原付かもしれませんが、長男にとっては大きい買い物ですし初めての新車です♪

バイク屋さんに一通りの説明をしてもらった後、私の友人から頂いた

アライのラパイドをかぶって、早速GO!

私は走り去る姿を後ろから見ていたのですが、もちろん超初心者の長男坊・・・危なっかしいw

ちなみに長男坊の人生初対向車は、富岳通運のトラックでしたw

少々の試運転の後、いてもたってもいられない私は愛車シグナスを引っ張り出して

長男と一緒に走ってみました。


免許取り立てなので仕方ないのですが、とにかく遅い!

慣らし運転もあるのはわかりますが、30キロってこんなに遅かったっけ?って感じ。

田舎とは言え、これでは一般道のペースについていけません(-_-)

私のシグナスがガス欠寸前だったこともあり、一旦家に戻り

長男の原付をおいて、私のシグナスの後ろに長男を乗せて出かけてみました。


私もバイクに関しての運転技術は決して上手いとは言えませんが、交差点での注意事項や

スピード感覚、車間距離など、後ろの長男坊にアドバイスしながら走り

途中ZOAに寄って、バイク用グローブを買い帰宅しました。


本当に・・・心配すればキリがないんですけどね。


バイク乗りにもセンスのある、無いがあると思うのですが

長男は間違いなく「無い」の方だと思います。ですが、慎重派ですし、初めから無茶をしない分

少しは安心なのかもしれません。


私も高校生の頃、親が心配していたっけな・・・。

そんな心配も感じもしなかったけど、いざ親となると、当時の両親の心配がわかりますね・・・。

とにかく長男坊には無事故無違反で、楽しいバイクライフを楽しんでもらいたい。

そして、いつか次男坊も一緒にツーリングに出かけられたら楽しいだろうな♪


そんな日が来るのかな・・・。





ノシ


[PR]
------------------------------------------------------------------------------------------